コンテンツにジャンプ
栗原市
  • くらしの情報
  • 市政情報

トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 震災関連 > 農産物・肥料中の放射性物質

農産物・肥料中の放射性物質

更新日:2018年08月24日

市内の農林産物などに含まれる放射性物質の測定結果〔宮城県測定値〕

市内で採取した農林産物等に含まれる、放射能測定を実施した結果は次のとおりです。

  • 採取月日:2018年6月20日(水曜日)
  • 採取品目:ハクサイ、ムラサキタマネギ、ニンジン、シュンギク、ダイコン、ズッキーニ
  • 測定結果:放射性セシウムは不検出
    注:一般食品の基準値(100ベクレル毎キログラム)

国から、出荷制限指示が出ている品目については、出荷しないようお願いします。
詳細は、次のファイルをご確認ください。

市内の農林産物などの出荷制限(自粛)の解除

2011年11月および2012年4月に、国・県からから出荷制限(自粛)が指示されていました栗原市で産出される「原木しいたけ、むきたけ(露地栽培に限る)」について、「宮城県きのこ栽培における放射能対策作業マニュアル」に基づき生産され、放射性物質検査の結果で基準値以下が確認されたことから、次の生産者から産出される「原木しいたけ、原木むきたけ(露地栽培)」の出荷制限(自粛)が解除され、出荷および販売が可能となりました。

原木しいたけ

  • 出荷制限解除生産者
    • 三浦俊郎さん(行政区 花山浅布)
    • 高橋ふみ子さん(行政区 鶯沢日向)
    • 菅原光一さん(行政区 栗駒山口)

原木むきたけ

  • 出荷自粛解除生産者
    氏家次男さん(行政区 一迫一本松)
    三浦俊郎さん(行政区 花山浅布)

注:「原木きのこ(露地栽培)」の出荷制限解除の仕組み
出荷できる「原木しいたけ、むきたけ」は、生産者および生産ロットごとに、県が国に対し申請(協議)を行い、制限解除の指示がされた方に限られます。
「米」などのように地域(旧町村など)で制限が解除されるものではありません。

市内の農林産物などに含まれる放射性物質の測定結果【市の独自測定】

市内で採取した農林産物等に含まれる放射能測定を実施したので、その結果(独自測定の参考値)を公表します。

  • 採取月日:2018年3月20日(火曜日)
  • 採取品目:野菜8品目
  • 採取地区:市内10地区
  • 測定結果:すべての野菜で、放射性セシウムは不検出

詳細は、次のファイルをご確認ください。

市内土壌の放射性物質の測定結果

市内の農地土壌の放射能測定を実施したので、その結果(独自測定の参考値)を公表します。

  • 採取月日:2014年10月27日(月曜日)
  • 採取品目:水田土壌
  • 採取地区:市内10カ所
  • 測定結果:放射性セシウム 37.2から358.9ベクレル毎キログラム

詳細は、次のファイルをご確認ください。

市内ため池水の放射性物質の測定結果

市内のため池水の放射能測定を実施したので、その結果(独自測定の参考値)を公表します。

  • 採取月日:2015年5月15日(金曜日)
  • 採取品目:ため池内水
  • 採取地区:市内24カ所
  • 測定結果:すべてのため池水で、放射性セシウムは不検出

詳細は、次のファイルをご確認ください。

市内農業用水の放射性物質の測定結果

市内の農業用水の放射能測定を実施したので、その結果(独自測定の参考値)を公表します。

  • 採取月日:2012年5月29日(火曜日)・31日(木曜日)
  • 採取品目:用水路内水
  • 採取地区:市内9カ所
  • 測定結果:すべての農業用水について、放射性セシウムは不検出

詳細は、次のファイルをご確認ください。

市内水産物の放射性物質の測定結果〔宮城県測定値〕

市内で採捕した内水面魚種に含まれる、放射能測定を実施しました。

  • 採取月日:2016年10月10日(月曜日)
  • 採取魚種:イワナ(養殖)
  • 測定結果:放射性セシウムは不検出
    注:一般食品の基準値(100ベクレル毎キログラム)

国から、イワナ(天然ものに限る)などの出荷制限指示が出ていますので、該当する品目は出荷しないようお願いします。
詳細は、次のファイルをご確認ください。

市内の野生鳥獣の放射性物質の測定結果〔宮城県測定値〕

市内で採補した野生鳥獣に含まれる、放射能測定を実施しました。

  • 捕獲月日:2017年2月24日(金曜日)
  • 鳥獣名:イノシシ(野生)
  • 測定結果:放射性セシウム 97ベクレル毎キログラム
    注:一般食品の基準値(100ベクレル毎キログラム)

国から、野生獣肉(イノシシ、ツキノワグマ)の出荷制限指示が出ていますので、該当する品目は出荷しないようお願いします。
詳細は、次のファイルをご確認ください。

堆肥の放射性物質測定結果【市の自主検査】

築館、栗駒、金成有機センターで製造している堆肥について、放射性物質の自主検査を実施しました。

  • 採取月日:2018年5月23日(水曜日)
  • 測定結果
    有機センターの堆肥について、放射性物質検査をした結果、放射性セシウムは不検出および暫定許容値を下回りました。
    市では、今後も各有機センターで製造する堆肥の放射性物質測定を実施します
  • 販売再開
    築館有機肥料センターは、2013年2月18日(月曜日)から販売を再開しています
    栗駒、金成有機センターは、2013年3月18日(月曜日)から販売を再開しています

詳細は、次のファイルをご確認ください。

栗原市内の放射線測定値など

次のリンクをクリックすると、それぞれのページに移動します。

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

農林振興部 農林畜産課

郵便番号:987-2293
住所:宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号
地図を見る
窓口の場所:築館ふるさとセンター2階

直通番号:0228-22-1136
ファクス番号:0228-24-7688

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?