コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
きてみらいん くらしたい栗原
  • Multilingual
  • サイト内検索
  • 文字・背景色変更

トップページ > 支援情報 > 移住相談(栗原かかわり・つながり案内所)

移住相談(栗原かかわり・つながり案内所)

更新日:2021年4月7日


あなたにとっての『ふるさと探し』をお手伝いします

栗原市では、地方移住や都市と田舎の二地域居住など、新しい暮らし方を模索している方の相談窓口(栗原かかわり・つながり案内所)として移住定住支援員を配置し、住まい・仕事・暮らし・各種支援制度などに関するご相談をお受けしています。

くりはら「オンライン移住相談」申込み受付中!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、栗原市ではオンラインによるウェブ移住相談を行っています。
これまで首都圏で開催されてきた移住相談イベントになかなか参加できなかった方や、今のタイミングでいろいろと情報収集してみたいという方に対して、サポートさせていただきます。

栗原への移住ありきではなく、まずは「田舎暮らし」ってどんなものなのか?皆さん、漠然としたところから始まっています。
栗原市はそんな皆さんのお手伝いをオンラインでさせていただきます。どうぞ、お気軽にご相談ください。

  • 相談日:月曜日から金曜日までの平日
  • 開設時間:午前10時から午後4時まで
  • 相談時間:1回あたり30分から40分程度のご相談となります。
  • 相談料:無料(ただし、通信料は自己負担になります。)
  • 申込み:希望日の3日前までに次の申込みフォームから申込みください。
    くりはら「オンライン移住相談」申込みフォーム (外部リンク)

ご都合により、平日の夜間及び土曜日・日曜日の相談をご希望される場合は、定住戦略室にメールまたはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

栗原市企画部定住戦略室
電話番号:0228-22-1125
メールアドレス:teijyusokushin●kuriharacity.jp(●は@に置き換えてください)



くりはら移住定住コンシェルジュとの「ワンチーム」サポート

栗原市では、地方暮らしを検討している方を積極的にサポートする意思のある皆さんを「くりはら移住定住コンシェルジュ」として委嘱しており、2021年4月1日現在で23組36名の皆さんと一緒に活動を展開しています。職種も様々で、カフェを経営したり、トマトハウス経営、画家、陶芸家、専業農家など、先輩移住者や地域とのつなぎ役(キーマン)を担ってくれる方々です。

この栗原で暮らす決断をされた先輩移住者や、ずっとここで暮らし続けてきた地域の方々との語らいの中から厳しさも含めたリアルな栗原暮らしが見えてくると思います。

都市部と栗原をつなぐ『東京・仙台くりはらオフィス』

2019年5月、「令和」の幕開けとともに東京日本橋に開設した「東京くりはらオフィス」に続き、2020年4月、新たに「仙台くりはらオフィス」を仙台フォーラスに開設。
栗原・東京・仙台の3つの拠点を軸に、地方移住や地方での就職に関する相談、田舎(栗原)での交流活動を模索している方との継続的な交流拠点としてお気軽にご利用ください。

東京・仙台くりはらオフィス


お試し移住体験住宅のご案内(オーダーメイド型アテンド)

栗原市では、地方移住をご検討中の方向けに、田舎暮らしを気軽に体験できるお試し移住体験住宅を整備しており、利用開始以降2021年3月末まで、延べ129組191人の皆さんにご利用いただいております。

また、ご利用者の要望等を事前に相談させていただき、滞在期間中、オーダーメイド型のアテンドもセットアップできます。移住後の暮らし・職種の希望に応じて、先輩移住者との意見交換や空き家物件の紹介、職場訪問など、官民連携のサポート体制があるからこそできるアテンド対応をさせていただきます。

お試し移住体験住宅



暮らしを深掘り!農家民泊もオススメ!

お試し移住体験住宅の利用のほか、季節に応じた農家の暮らし、食文化をさらに深掘りできる農家民泊もオススメです。
農家民泊と合わせて、様々な体験型プログラムも用意されているので、ぜひご利用ください。

有賀の里たかまった(外部リンク)

民泊やまざき(外部リンク)

栗原市農泊推進協議会(外部リンク)

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?