コンテンツにジャンプ
栗原市
  • くらしの情報
  • 市政情報

トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > ハザードマップ > 洪水・土砂災害ハザードマップ

洪水・土砂災害ハザードマップ

更新日:2019年1月30日

洪水・土砂災害ハザードマップとは?

2017年5月30日、宮城県において一級河川北上川水系迫川・二迫川・三迫川・芋埣川・夏川・旧迫川・小山田川・瀬峰川・萱刈川・大水門川・西川の浸水想定区域が公表されたことを受け、洪水・土砂災害ハザードマップを改定しました。
栗原市では、2015年9月10日から11日にかけての記録的豪雨(平成27年9月関東・東北豪雨)により、宮城県内において、東北初となる「大雨特別警報」が発表され県内各地で大きな被害が発生し、市内においても河川の決壊や越流、住家の床上浸水等、大きな被害を受けました。
災害時の被害の拡大を防ぐためには、日常生活における防災・減災に対する意識が大切です。このハザードマップには、浸水想定区域の他、土砂災害警戒区域、避難所等も記載していることから、いざというときに安全に避難できるよう普段から確認をお願いします。

  • 栗原市洪水・土砂災害ハザードマップの画像

    栗原市洪水・土砂災害ハザードマップ

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

総務部 危機対策課

郵便番号:987-2293
住所:宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号
地図を見る
窓口の場所:本庁舎2階

直通番号:0228-22-1149
ファクス番号:0228-22-1156

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?