コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
きてみらいん くらしたい栗原
  • Multilingual
  • サイト内検索
  • 文字・背景色変更

トップページ > 地域おこし協力隊!募集情報(交流・移住推進業務)

地域おこし協力隊!募集情報(交流・移住推進業務)

更新日:2021年9月21日

交流・移住プラットフォーム創出プロジェクト推進業務


都市部の若者と栗原の地域をつなぐ仕掛け人!

自分の知らなかった地域が「自分の特別な地域」になる。都市部の若者と、栗原の地域のヒト・モノ・コトとの多様で深い関わりを通じて、栗原が自分の「特別な地域」になり、栗原のファンになる。
既成概念や従来の価値観にとらわれず、自由な発想で関わりの場を開拓したり、都市部の若者と栗原の地域をつなぐ企画を仕掛けていく業務に取り組んでいます。

主な業務内容

  1. 東京・仙台くりはらオフィス等を核とした新たな交流・関係人口の開拓に向けた交流イベントの企画・運営及び情報発信
  2. 栗原をフィールドとした都市部の若者等と地域をつなぐイベント・ワークショップの企画・コーディネート
  3. 栗原移住者交流会及び交流移住体験事業の推進

任用期間

任用日(委嘱日)から2022年3月31日までの期間としますが、最長3年を限度として毎年度更新することができます。

任用予定日・定員

2022年1月1日:1名(採用決定後の移住手続き等に応じて、任用日(委嘱日)を変更する場合があります。)

雇用関係・待遇等

  1. 報償額:月額201,000円
  2. 栗原市との雇用関係はありません。(市から委嘱する形となります。)
  3. 活動時間は、栗原市職員の就業時間を参考とし、週5日、午前8時30分から午後5時15分まで(1日:7時間45分、週:38時間45分)とします、なお、業務に応じて夜間等に活動する場合は、活動時間の振替で調整していただきます。
  4. 国民健康保険、国民年金は各自で加入していただきます。また、任用期間中における傷害保険の加入は、栗原市が手続きを行います。
  5. 栗原市職員の例により、住居にかかる費用を補助(上限28,000円)します。(転居にかかる費用、光熱水費等生活に必要な費用については、個人負担となります。
  6. 活動に使用する車両は、栗原市が貸与します。
  7. 活動に関連する出張や研修等への参加に伴う旅費は、栗原市職員の例により栗原市が負担(支給)します。
  8. その他活動に要する経費等は、予算の範囲内で栗原市が負担(支給)します。

応募資格

  1. 心身ともに健康で、本業務の趣旨を理解し、誠実に実行する意欲のある方。
  2. 応募時点で、三大都市圏または地方等(過疎、山村、離島、半島などの条件不利区域に該当しない市町村)在住の方
  3. 採用後、栗原市内に住民票を移し、将来、起業・継業・就業を視野に定住する意欲のある方
  4. 普通自動車運転免許を取得している方
  5. パソコン(ワード・エクセル・インターネット等)の一般的な操作ができる方

地域おこし協力隊に関するオンライン説明会・個別相談

地域おこし協力隊業務内容に関するオンライン形式の説明会を開催します。
説明会では、現在活動中の地域おこし協力隊の皆さんにゲストスピーカーとして参加していただきます。
移住直後のカルチャーショックや生活費のお話、冬期間の暮らしなど、活動以外の気になるリアルなお話を聞いてみませんか。
また、個別相談も可能ですので、お気軽にお申込みください。

くりはら地域おこし協力隊募集説明会・個別相談

応募方法

当該業務の応募方法については、次のページをご覧ください。

栗原市地域おこし協力隊募集【交流・移住プラットフォーム創出プロジェクト推進業務】

地域おこし協力隊とは?

地域社会の活性化に貢献したい。人とのつながり・関わりを実感しながら生きていきたい。四季折々の自然の営みの中で生きていきたい。
地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化の進行が著しい地方において、地域外の人財を積極的に受け入れ、地域の皆さんと一緒に地域の課題解消に向けた活動にチャレンジしながら、隊員自らが地域に定住・定着することで、地域力の維持・再生を図っていくことを目的とした制度です。
栗原市では2014年から地域おこし協力隊制度を活用し、都市部からの人財を受け入れており、現在は13名の方が、これまでの既成概念や従来の価値観にとらわれず、自分たちが手ごたえを感じられるものを、それぞれのやり方で模索しながら活動しています。

人が人を呼ぶ「つながり」のサイクルをつくりたい。(担当者コメント)

「ゆるくおもしろく、つながる栗原。」をコンセプトに、栗原市への移住ありきではない人と人のご縁をつなぐサポートを試行錯誤しながら展開しています。
「ゆるく」とは、決して「いい加減」という意味ではなく、官民の壁や組織内での縦割りなどの縛りなく、あくまで移住検討者ファーストの柔軟性あるサポートをしていこうという想いを込めてます。

おもしろく。人はおもしろい!と思わなければ集まってくれないし、関心も寄せてくれてない。だからこそ、行政の枠からある意味、振り切ったプロジェクトを常に地域の皆さんと一緒に考えています。
そして、つながる。ゆるさとおもしろさを追求する中で、様々なプロジェクトを展開するのは正直、全然ゆるくないです。通常の型にはまった中で展開する方がストレスは断然少ないわけで。でも、移住サポーターたる「くりはら移住定住コンシェルジュ」の皆さんや、起業や就農、住まいのサポートを地域ぐるみで行ったり、行政だけでは決してできない「暮らし」に密着したサポート体制があるからこそ実現できた奇跡のような移住ストーリーも生まれています。

そして、そうやって移住されてきた皆さんが次の移住検討者のサポートを積極的に行ってくれています。そのような人が人を呼ぶ「つながり」のサイクルができ始めているんじゃないかと感じています。
そんな「つながり」のサイクルの中心に、地域おこし協力隊の皆さんがはまっています。活動するエリアはそれぞれ別とはいえ、おもしろいことをやろう!と思うと必然的にリンクしていくんだと思います。

住み慣れた土地を離れ、仕事を辞めて、知らない田舎に飛び込むって大きな決断だと思いますが、実際にそんな決断をした協力隊が活動しているし、受け止めてくれる地域の皆さんがいる。
地方移住の一つの選択肢として、栗原市の地域おこし協力隊は有りか、無しか?
ぜひ、この機会に私たちや活動中の協力隊メンバーとお話してみませんか!

お問い合わせ先

栗原市企画部定住戦略室
電話番号:0228-22-1125
メールアドレス:teijyusokushin●kuriharacity.jp(●は@に置き換えてください)

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?