コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
きてみらいん くらしたい栗原
  • Multilingual
  • サイト内検索
  • 文字・背景色変更

トップページ > 地域おこし協力隊!募集情報(栗駒文字地区再生事業)

地域おこし協力隊!募集情報(栗駒文字地区再生事業)

更新日:2021年9月21日

文字地区再生事業業務


地域資源を磨き上げ、地域の活力を生み、自らの生業づくりにもチャレンジ!

古き良き里山景観が広がる山間地域の文字地区。
山の恵みや、正藍染などの伝統文化、歴史的建築様式の長屋門といった、この地域ならではの資源が数多く存在し、地域コミュニティも地域を元気にしようと精力的です。

しかし、人口減少と担い手の高齢化は、文字地区にとっても深刻な課題となっています。地域コミュニティや各種団体が展開してきた活動をベースに、協力隊が新たな担い手として、地域とともに地域資源を活用した稼げる産業を興していく。地域住民・移住者にとって、将来にわたり持続可能な社会の仕組みづくりに向かってチャレンジする方を募集します。

主な業務内容

地域行事などのコミュニティ活動に携わりながら、隊員自らの生業づくりも踏まえた地域の産業振興活動(以下のような取組み)を地域とともに進める活動

  1. 地域資源(苔・行者にんにく・きのこなど)を活用した特産品づくり
  2. 正藍染や文字甚句・文字神楽といった伝承文化の継承とビジネス化
  3. 地域に農泊を広めてビジネスにしていくために必要な取り組み

任用期間

任用日(委嘱日)から2022年3月31日までの期間としますが、最長3年を限度として毎年度更新することができます。

任用予定日・定員

2022年1月1日:1名(採用決定後の移住手続き等に応じて、任用日(委嘱日)を変更する場合があります。)

雇用関係・待遇等

  1. 報償額:月額201,000円
  2. 栗原市との雇用関係はありません。(市から委嘱する形となります。)
  3. 活動時間は、栗原市職員の就業時間を参考とし、週5日、午前8時30分から午後5時15分まで(1日:7時間45分、週:38時間45分)とします。なお、業務に応じて夜間等に活動する場合は、活動時間の振替で調整していただきます。
  4. 国民健康保険、国民年金は各自で加入していただきます。また、任用期間中における傷害保険の加入は、栗原市が手続きを行います。
  5. 栗原市職員の例により、住居にかかる費用を補助(上限28,000円)します。(転居にかかる費用、光熱水費等生活に必要な費用については、個人負担となります。
  6. 活動に使用する車両は、栗原市が貸与します。
  7. 活動に関連する出張や研修等への参加に伴う旅費は、栗原市職員の例により栗原市が負担(支給)します。
  8. その他活動に要する経費等は、予算の範囲内で栗原市が負担(支給)します。

応募資格要件

  1. 心身ともに健康で、本業務の趣旨を理解し、誠実に実行する意欲のある方
  2. 応募時点で、三大都市圏または地方都市等(過疎、山村、離島、半島等の条件不利区域に該当しない市町村)在住の方
  3. 採用後、栗原市に住民票を移し、将来、起業、継業、就業を視野に文字地区に定住する意欲のある方
  4. 普通自動車運転免許を取得している方
  5. パソコン(ワード、エクセル、インターネット等)の一般的な操作ができる方

地域おこし協力隊に関するオンライン説明会・個別相談

地域おこし協力隊業務内容に関するオンライン形式の説明会を開催します。
説明会では、現在活動中の地域おこし協力隊の皆さんにゲストスピーカーとして参加していただきます。
移住直後のカルチャーショックや生活費のお話、冬期間の暮らしなど、活動以外の気になるリアルなお話を聞いてみませんか。
また、個別相談も可能ですので、お気軽にお申込みください。

くりはら地域おこし協力隊募集説明会・個別相談

応募方法

当該業務の応募方法については、次のページをご覧ください。

栗原市地域おこし協力隊募集【栗駒文字地区再生事業業務】

地域おこし協力隊とは?

地域社会の活性化に貢献したい。人とのつながり・関わりを実感しながら生きていきたい。四季折々の自然の営みの中で生きていきたい。
地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化の進行が著しい地方において、地域外の人財を積極的に受け入れ、地域の皆さんと一緒に地域の課題解消に向けた活動にチャレンジしながら、隊員自らが地域に定住・定着することで、地域力の維持・再生を図っていくことを目的とした制度です。
栗原市では2014年から地域おこし協力隊制度を活用し、都市部からの人財を受け入れており、現在は13名の方が、これまでの既成概念や従来の価値観にとらわれず、自分たちが手ごたえを感じられるものを、それぞれのやり方で模索しながら活動しています。

問い合わせ先

栗原市企画部定住戦略室
電話番号:0228-22-1125
メールアドレス:teijyusokushin●kuriharacity.jp(●は@に置き換えてください)

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?