コンテンツにジャンプ
栗原市
  • くらしの情報
  • 市政情報

トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育・スポーツ > 白鳥省吾記念館 > 民衆詩派の詩人 白鳥省吾(しろとり せいご)

民衆詩派の詩人 白鳥省吾(しろとり せいご)

更新日:2018年7月7日

白鳥省吾(しろとり せいご)

書斎での白鳥省吾

1890年(明治23年)2月27日に築館村(現在の栗原市築館)に生まれる。大正初期の日本詩壇を代表する民衆詩派の詩人。70冊を超える詩集、随筆集、訳詩集、童話集などを著し、県外も含めて100校以上の小中学校の校歌を作詞しています。また、アメリカの詩人ワルト・ホイットマンの詩の訳詩を手掛けたことでも有名です。1973年(昭和48年)8月27日、83歳で静かに生涯を終えました。

年譜

年代 年齢 事項
1890年
(明治23年)
0歳 2月27日宮城県栗原郡築館村字町屋敷47番地に、父林作、母きねよの次男として生まれる。
1907年
(明治40年)
17歳 宮城県立築館中学校(築館高等学校)卒業。
1913年
(大正2年)
23歳 早稲田大学大学部文学科英文学科卒業。
1914年
(大正3年)
24歳 第1詩集『世界の一人』を自費出版。
1918年
(大正7年)
28歳 ホイットマンの研究論文・訳詩を発表。
1919年
(大正8年)
29歳 『民衆』第11号に白鳥省吾詩集掲載。
詩話会委員に選ばれる。
詩集『大地の愛』出版。
1920年
(大正9年)
30歳 宮城県遠田郡涌谷町、長谷孝治郎三女・秀子と結婚。
ジャーナリストから詩壇の中心人物とされる。
雑誌等に作品を多数発表。新潮社『日本詩人』が創刊し編集者となる。
1922年
(大正11年)
32歳 北原白秋と文学論争をする。
1926年
(大正15年)
36歳 「大地社」を創設し、詩誌『地上楽園』や詩集等の出版を始める。
1928年
(昭和3年)
38歳 詩人協会を結成。
1934年
(昭和9年)
44歳 秀子夫人37歳で死去。
1936年
(昭和11年)
46歳 千葉県長生郡東浪見村(現一宮町)星野舜栄次女・喜代と結婚。
1939年
(昭和14年)
49歳 大日本婦人連合会発行の月刊誌『女学生新聞』編集長となる。   
1947年
(昭和22年)
57歳 昭和天皇東北御巡幸の際、築館町薬師山において御進講する。
1961年
(昭和36年)
71歳 日本農民文学会会長となる。
1962年
(昭和37年)
72歳 日本歌謡芸術協会会長となる。
日本民謡協会より文化章受賞。
1963年
(昭和38年)
73歳 千葉県より文化功労者として表彰される。
1965年
(昭和40年)
75歳 築館町名誉町民となる。
栗原郡名誉郡民となる。
日本詩人連盟会長となる。
1968年
(昭和43年)
78歳 勲四等瑞宝章授与される。
1971年
(昭和46年)
81歳 喜代夫人とアメリカ巡遊、ホイットマンの詩蹟を訪ねる。
1973年
(昭和48年)
83歳 8月27日食道がんにより逝去。
昭和天皇より銀杯下賜される。
多摩霊園墓地に眠る。

もっと詳しい白鳥省吾の情報

「白鳥省吾を研究会する会」のウェブサイトをご覧ください。

このページに関する問い合わせ先

栗原市立図書館

郵便番号:987-2252
住所:宮城県栗原市築館薬師三丁目3番1号
地図を見る

直通番号:0228-21-1403
ファクス番号:0228-21-1404

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?