コンテンツにジャンプ
栗原市
  • くらしの情報
  • 市政情報

トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育・スポーツ > 公民館・生涯学習 > 栗原市公民館整備基本構想

栗原市公民館整備基本構想

更新日:2019年6月5日

2019年(平成31年)4月に栗原市公民館整備基本構想を策定しました

本市では、長期的な視点を持って公共施設等の総合的かつ計画的な管理を推進することを目的として、2017年(平成29年)3月に「栗原市公共施設等総合管理計画」を策定しております。
その中で、栗原市が保有する公共施設等について、「施設保有量の適正化」「維持管理の適正化」「施設運営の適正化」の3つの基本方針が設定されています。
市内には21の公民館があり、各地区で施設数や利用状況、施設の老朽化に相違があることから、市内公民館の平準化を図るため、公民館を各地区1館に集約し、情報通信ネットワークや図書機能等の充実を図り、老朽化した公民館の順次改築を進めながら、市民が「いつでもどこでもだれでも」学べる生涯学習の拠点として整備していきます。
今回の基本構想では、5地区の公民館(若柳・志波姫・一迫・瀬峰・鴬沢)について、いずれも建築年が1981年(昭和56年)以前であり、耐用年数を超過していることに加え、旧耐震基準の建物であり、耐震性が低く、安全性に懸念があることから、現地建替えや移転等により整備を進めていくこととし、整備候補地の分析を踏まえた基本構想を策定しました。

次の関連ファイルをダウンロードして、「栗原市公民館整備基本構想」の内容をご確認いただけます。

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

教育委員会 教育部社会教育課

郵便番号:989-5171
住所:宮城県栗原市金成沢辺町沖200番地
地図を見る
窓口の場所:金成庁舎2階

直通番号:0228-42-3514
ファクス番号:0228-42-3518

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?