コンテンツにジャンプ
栗原市
  • くらしの情報
  • 市政情報

トップページ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康 > 栗原市いのちを守る総合対策事業

栗原市いのちを守る総合対策事業

更新日:2022年9月8日

誰も自殺においこまれることのない栗原を目指して

ひとりで悩まず、相談しよう

新型コロナウイルス感染症の発症に伴い、わたしたちの生活に様々な影響が出ています。
不安やイライラ、こころのバランスを崩している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
こころの不調や生活への不安を感じた時は、ひとりで悩まず相談しましょう。

  • 眠れない、気力がわかない等、こころやからだのことで悩んでいませんか?
  • 夫婦や親子等の家庭内、近隣、職場等、様々な対人関係で悩んでいませんか?
  • 借金、失業、生活が苦しい等、生活や経済面で困っていませんか?

まず、気づくことが重要です。

眠れていますか?

不眠は大きなストレスのあらわれです。
同じ時刻に起床、規則正しい三度の食事と運動習慣を心がけましょう。
つらいときはがまんせず、かかりつけ医等に相談しましょう


飲酒量(アルコール)が増えていませんか?

眠れないからといってお酒を飲むのは逆効果です。
寝つきをよくする一方で、眠りは浅く熟睡感を得られにくいため、不眠をより悪化させます。


「うつ」の症状はありませんか?

2週間以上続く場合は、うつ状態が疑われます。
こころの症状、からだの症状に注意しましょう。


ストレスを緩和する「セルフケア」のすすめ

リラクゼーション

ストレッチや呼吸法(腹式呼吸)で心身の緊張を緩めましょう


適度な運動

楽しむという感覚で、ウオーキング等の手軽な運動をしましょう


快適な睡眠

寝る前の刺激を避け、自分なりのリラックス方法をみつけましょう


親しい人たちとの交流

話すことで、不安や心配なこと、イライラする気持ちを整理しましょう


笑う

日常の生活に笑いをとりいれましょう


仕事から離れた趣味を持つ

自分の好きなことができる時間を大切にしましょう
趣味を介した新たな人間関係で生活の幅を広げましょう


相談する

相談窓口がたくさんあることを知っておきましょう
知り合いだけでなく地域の相談窓口、保健所、医療機関、民間団体等を活用しましょう
各種相談窓口は関連ファイルをご覧ください

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

市民生活部 健康推進課

郵便番号:987-2293
住所:宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号
地図を見る
窓口の場所:本庁舎1階

直通番号:0228-22-0370
ファクス番号:0228-22-0350

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?