コンテンツにジャンプ
栗原市
  • くらしの情報
  • 市政情報

トップページ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康 > 感染症・疾病情報 > 熱中症に注意!

熱中症に注意!

更新日:2019年7月25日

7月・8月は熱中症予防強化月間です。

近年の酷暑を受けて熱中症予防対策をより一層推進するため、毎年7月に設定している「熱中症予防強化月間」が昨年度に引き続き、今年も8月まで延長されました。
気温や湿度の高い状態が続くと、熱中症になる危険性が高くなります。
熱中症は屋外だけではなく、屋内においても発生します。熱中症は重症化すると、命にもかかわる可能性があります。水分補給や温度管理など正しい知識と適切な対応で熱中症を予防しましょう。

熱中症とは

気温や湿度の高い暑い環境の中で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体の体温調節機能が正常に働かなくなることによって、体に現れるさまざまな症状をまとめて熱中症と呼んでいます。

こんなときにおこりやすい

熱中症は気温や湿度が高く、風が無かったり、弱かったりする日におこりやすいです。
屋外では、直射日光、アスファルトからの照り返しの強い場所、風通しの悪い場所など、屋内では室温や湿度の高い浴室や体育館などには気をつけましょう。

暑い日に作業する際は、日陰を確保して一定時間ごとに休憩を取りましょう。なるべく2人以上でお互いの体調を確認しながら行いましょう。体調が悪い日は作業は休むようにしましょう。

高齢者や幼児、体調の悪い人、持病のある人、暑さに慣れていない人が熱中症になりやすいので、気をつけましょう。

熱中症を予防しましょう

温度に気を配りましょう

  • 今いるところ、これから行くところの気温を、温度計や天気予報で知るようにしましょう。外出時は、日傘や帽子を活用しましょう。

飲み物を持ち歩きましょう

  • いつでもどこでも水分補給ができるように、飲み物を持ち歩きましょう。こまめに水分補給をしましょう。

休息をとりましょう

  • 暑さや疲れを感じたら、無理をせず、早めに涼しい場所で休息を取ったり、エアコンや扇風機を活用して、ぐっすり眠れる工夫をしましょう。

栄養をとりましょう

  • バランスよく食べ、朝ごはんをしっかり食べるようにしましょう

声をかけ合いましょう

  • 家族やご近所同士で、水分補給や休憩を勧める声をかけあいましょう。

このような症状が出たら、熱中症を疑いましょう

  • めまい、立ちくらみ
  • 軽い頭痛、吐き気
  • 体のだるさ、体に力が入らない
  • 顔のほてり、顔が赤くなる
  • 汗が大量に出る
  • 足がつる、こむらがえり

熱中症かもと思ったら

  • 木陰やエアコンのきいた涼しい場所に移動しましょう。
  • 服をゆるめ、体からの熱を逃がし、首のまわり、わきの下や足のつけ根などを氷で冷やしましょう。
  • 水分や塩分を補給しましょう。
    注:ただし、意識障害があるときは気道に入る恐れがあるので、口からの水分補給は禁物。その時は救急車を呼びましょう。
  • 反応がおかしいなどの意識障害や反応が鈍いとき、歩けない、けいれんがあるときはすぐに救急車を呼びましょう。

熱中症に関する詳しい情報は、次の関連リンク先をご参照ください。

このページに関する問い合わせ先

市民生活部 健康推進課

郵便番号:987-2293
住所:宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号
地図を見る
窓口の場所:本庁舎1階

直通番号:0228-22-0370
ファクス番号:0228-22-0350

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?