コンテンツにジャンプ
栗原市
  • くらしの情報
  • 市政情報

トップページ > 市政・市の紹介 > ようこそ市長室へ > 市長コラム > 会津と栗原の絆

会津と栗原の絆

更新日:2018年11月01日

今年は戊辰戦争が勃発してから150年の節目の年です。
先月、エポカ21を会場に「会津フェスタinくりはら」が開催され、室井会津若松市長もお越しいただき、一緒に盛り上げていただきました。
今回、このようなイベントが開催された背景として、今から150年前の戊辰戦争で会津藩が敗戦し、会津藩主であった松平容保(まつだいらかたもり)の息子、容大(かたはる)ら旧藩士が奥州街道を下向(げこう)して、移住先の御新領斗南藩(しんりょうとなみはん)(現在の青森県むつ市)へ向う途中に、旧有壁本陣に立ち寄ったことがあげられます。 その際、宿に泊めてもらう代わりに「葵御紋の長持」を旧有壁本陣に預け、それ以降、旧有壁本陣で現在まで大事に保管されていることが、会津と栗原をつなぐ架け橋になっています。
この「長持」による縁を大事にし、今後も友好を深めていきたいと思います。

2018年11月1日(木曜日)栗原市長 千葉 健司

20181101

【写真】
〔左側〕旧有壁本陣当主 佐藤 庄衛(さとうしょうえい) さん
〔右側〕会津若松市 室井 照平(むろいしょうへい) 市長

20181101

【写真】葵御紋の長持

このページに関する問い合わせ先

総務部 総務課

郵便番号:987-2293
住所:宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号
地図を見る
窓口の場所:本庁舎2階

直通電話:0228-22-1122
ファクス番号:0228-22-0312

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?