コンテンツにジャンプ
栗原市
  • くらしの情報
  • 市政情報

トップページ > くらしの情報 > 健康・福祉 > お知らせ(健康・福祉・医療) > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせ > 感染防止対策の徹底について

感染防止対策の徹底について

更新日:2022年1月14日

引き続き、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底をお願いいたします。

期間

2022年(令和4年)1月14日(金曜日)以降

感染防止対策の内容

県民への要請(県内全域)

外出等の自粛・感染防止対策の徹底等(新型インフルエンザ等対策特別措置法24条第9項)

  • 飲食店等を利用する際には、同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食を避けること
  • 混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出を自粛すること。特に、緊急事態措置区域・まん延防止等重点措置地域など感染が拡大している地域への不要不急の移動を自粛すること。なお、ブレークスルー感染を含む急速な感染拡大を考慮し、ワクチン・検査パッケージ制度の適用及び対象者全員検査の実施による行動制限の緩和は実施しない。
  • 感染不安を感じる無症状の県民は、検査を受検すること
  • ワクチン接種の有無に関わらず、感染リスクの高い行動を控えるとともに、日常生活における基本的な感染防止策を徹底すること
  • 会食・食事を伴う行事では、会話の際のマスク着用(注1)を徹底すること
  • 感染対策が徹底されていない飲食店等の利用を厳に控えること(宅配・テイクアウトを除く)
  • 飲食店の求める感染防止策に積極的に協力すること

注1「マスク着用」:マスクの捕集効率は、布製やウレタン製よりも、不織布素材の方が高いことが示されています。また、鼻の部分に金具がある場合は、折り曲げて鼻に沿って着用するなど、すき間のないよう顔にフィットさせた方が効果が高いことが示されています。【内閣官房ウェブサイトより】 

飲食店への要請

協力要請(新型インフルエンザ等対策特別措置法24条第9項)

  • 同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食を避けること。なお、「選ぶ!選ばれる!!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」による認証の状況に関わらない要請となる。また、ブレークスルー感染を含む急速な感染拡大を考慮し、認証店におけるワクチン・検査パッケージ制度の適用及び対象者全員検査の実施による行動制限の緩和は実施しない。
  • カラオケ設備を提供する場合は、利用者の密の回避、こまめな換気、マイク等の消毒、歌唱中のマスク着用勧奨等、基本的な感染防止策を徹底する
  • 利用者のマスク会食実施の周知、正当な理由なく応じない利用者の入場禁止(退場を含む)
  • 従業員への検査勧奨、入場者の整理誘導、発熱等有症状者の入場禁止、手指の消毒設備の設置、事業所の消毒、施設の換気等
  • アクリル板の設置等、CO2センサーの設置、業種別ガイドラインの遵守を徹底

イベント主催者等への要請(県内全域)

  • 「大声なし」(注2)の「5,000人超かつ収容率50パーセント超」で開催する場合は、「感染防止安全計画」(注3)を策定し、県に提出すること
  • 上記以外の場合は、主催者がチェックリストを公表すること
  • 業種別ガイドラインの遵守を徹底するとともに、国の接触確認アプリ(COCOA)、みやぎお知らせコロナアプリ(MICA)の導入・名簿作成などの追跡対策を徹底すること
  • 全国的な感染拡大やイベントでのクラスターが発生し、国が業種別ガイドラインの見直しや収容率要数上限の見直し等を行った場合には、国に準じて対応すること

注2「大声」:観客等が通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること
注3「感染防止安全計画」:大規模イベント主催者が、飛沫抑制、手洗・消毒等に係る7項目について具体的な感染防止策を記載する計画

その他詳細については、関連リンクをご覧ください。

このページに関する問い合わせ先

市民生活部 健康推進課

郵便番号:987-2293
住所:宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号
地図を見る
窓口の場所:本庁舎1階

直通番号:0228-22-0370
ファクス番号:0228-22-0350

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?