栗原市地域おこし協力隊員募集について
栗原市の位置図

 栗原市は宮城県の北部に位置し、人口は約7万人、面積は約800平方キロメートル、西には「栗駒山」、東にはラムサール条約に指定されている「伊豆沼・内沼」があります。
 東京からは東北新幹線くりこま高原駅まで2時間20分あまり、東北自動車道の浦和ICから築館ICまで390キロメートルと交通機関には恵まれており、2005年(平成17年)4月1日に栗原郡10町村(築館町、若柳町、栗駒町、高清水町、一迫町、瀬峰町、鶯沢町、金成町、志波姫町、花山村)が合併し誕生した、宮城県内でもっとも広い面積を誇る、自然と四季のうつろいが美しい田園都市です。
 しかしながら、人口減少や高齢化の進展等により地域社会の活力が衰退しており、地域力の維持・強化を図るための担い手となる人材の確保が急務となっています。
 このため、地域社会の担い手として、地域外から意欲ある人材を積極的に受け入れ、新たな視点や発想力により、地域の潜在能力を引き出すことで地域活性化を図るため、以下のとおり「地域おこし協力隊」を募集します。

 次のリンクをクリックすると、各項目へ移動します。(ページ内リンク)

 花山地区小さな拠点づくり推進業務および移住定住推進業務 "くりでん"に関する業務 共通事項 

活動内容

(1)花山地区小さな拠点づくり推進業務および移住定住推進業務【1名募集】

目的

画像:上空から見た花山湖

 栗原市の北西部に位置する花山地区は、過疎化と少子高齢化が市内で最も進み、社会的な共同生活の維持が危ぶまれていることから、集落消滅を回避し、持続可能な地域づくりを進めるため、「小さな拠点」づくりに取り組んでいます。
 この取り組みをより前進させるため、田舎暮らしを楽しみ、地域との関わりを深めながら、新たな視点と、自分の持つスキルを活用して意欲的に活動していただける人材を募集します。

活動内容

画像:花山地域おこし協力隊のチラシ

  1. 「小さな拠点」づくりにおける各種事業の推進業務(「道の駅」での販売部門の強化、交通弱者への地域交通の確保(オンデマンド交通))
  2. 農林業への従事
  3. 地域行事、伝統行事の運営・協力(コミュニティ機能の強化)
  4. 新たな交流人口を増やす企画の立案、実践(冬季共同住居施設の整備および宿泊施設機能の提供(春から秋))
  5. 6次産業化に向けて商品の企画および試作等(特産品の生産、加工、販売)
  6. SNS等による情報発信
  7. 移住希望者、定住者の受け入れのためのサポート業務(体験プログラムの提供)
タイトル ファイル名 コメント
花山地域おこし協力隊チラシ tiikiokoshi_hanayama.pdf [1124KB pdfファイル] A4判 1ページ
報償額

 月額 190,000円

その他

 「来てみらいん!くらしたい栗原へ」栗原市移住定住サイトを開く(外部リンク)

(2)"くりでん"に関する業務【1名募集】

目的

 現在、旧くりはら田園鉄道の歴史と貴重な資産を後世に伝承すべく、旧若柳駅周辺の拠点整備が完了し、「くりはら田園鉄道公園」がオープンしました。

 核となる「くりでんミュージアム」の運営をしていく中で、専門的見識による貴重な各種資料等の効果的な発信や、沿線の地域資源と"くりでん"資産を組み合わせ、地域の活性化へ結びつけていくため、地域に根差したライフワークを展開できる人材(結び人)を募集します。

活動内容

画像:くりでん地域おこし協力隊のチラシ

  1. くりでんミュージアムの運営
     ミュージアムの日常管理運営に携わりながら、来場者への説明、企画展の企画運営を行う。
  2. くりでんOBからの伝承
     かけがいのない「生きる資産」であるくりでんOBのそれぞれが携わってきた歴史や想いを集約し、後世へ伝承する。また、これまでくりでんOBが培ってきた技術を継承する。
    • くりでんガイド養成のための「くりでんガイドブック」の編集
  3. くりでんの『歴史・資産』を結ぶ
     若柳駅を発信拠点とし、くりでんの歴史(ストーリー性)をふまえた沿線、くりでん資産の活用
    • 歴史の変遷に基づく歴史的資料の整理(専門的見識)
    • 沿線の資産を活用したイベント企画・実行
タイトル ファイル名 コメント
くりでん地域おこし協力隊チラシ tiikiokoshi_kuridenn.pdf [1656KB pdfファイル] A4判 1ページ
有資格者の条件

 4年生大学を卒業し、学芸員の資格を取得した方

報償額

 月額 230,000円

【共通事項】

活動地域

 栗原市内

任期

 委嘱日から2018年(平成30年)3月31日まで(委嘱の日から最長3年を限度として、毎年延長する場合があります。)

待遇等
  1. 栗原市との雇用関係はありません。
  2. 活動時間は原則として、月曜日から金曜日までの週5日、午前8時30分から午後5時15分まで(7時間45分)とします。(週38時間45分)なお、業務により夜間、土曜日、日曜日や祝祭日に活動する場合は、活動時間の振替で調整していただきます。
  3. 国民健康保険、国民年金は各自で加入となります。また、活動期間中は傷害保険に加入することとし、その費用は栗原市が負担します。
  4. 栗原市職員の例により、住居にかかる費用を補助(上限27,000円)します。(転居にかかる費用、光熱水費等生活に必要な費用については、個人負担とします。)
  5. 活動に使用する車両は、栗原市が貸与します。
  6. 活動に関連する出張や研修等への参加に伴う旅費は、栗原市職員の例により栗原市が支給します。
  7. その他活動に必要な経費等は予算の範囲内で栗原市が負担します。
応募資格
  1. 年齢が20歳以上40歳以下の方で、性別は問いません。
  2. 心身ともに健康で、誠実に活動できる方。
  3. 三大都市圏または地方都市等(過疎、山村、離島、半島等などの条件不利区域に該当しない市町村)に在住の方。(栗原市出身の方で、Uターンを希望する方は事前にご相談ください。)
  4. 採用後、栗原市に住民票を移し、将来移住する意志のある方。((1)花山地区小さな拠点づくり推進業務については、原則、花山地区への移住をしていただきます。)
  5. 普通自動車運転免許を取得している方。
  6. パソコン(ワード、エクセル、インターネット等)の一般的な操作ができる方。
選考方法
  •  第一次審査 書類審査(結果は本人に通知します。)
  •  第二次審査 面接選考
    • 第一次審査合格者を対象に、栗原市で面接を実施します。
    • 第二次審査に要する交通費および宿泊費等は個人負担となります。
応募方法

 申込みは郵送または持参にて受け付けます。なお、提出された書類は返却いたしません。

提出書類
  • 栗原市地域おこし協力隊員応募用紙(下記からダウンロードしてください)
  • 住民票(2017年(平成29年)9月11日以降のもの)
  • 有資格者の場合、資格を証明する書類等(詳細についてはお問い合わせください)
申込受付期間

 9月11日(月曜日)~11月10日(金曜日)

郵送の場合

 11月10日(金曜日)午後5時 必着

持参の場合

 受付時間 平日 午前8時30分~午後5時15分(ただし、土曜日、日曜日、祝日を除く)

申込先

 〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号
 栗原市役所 企画部 市民協働課(地域おこし協力隊担当宛て)
 電話 0228-22-1164 ファクス 0228-22-0313
 メールアドレス kyodo@kuriharacity.jp

その他

 地域おこし協力隊の情報は、下記リンク先のホームページをご覧ください。
 地域おこし協力隊ホームページを開く(外部リンク)

栗原市地域おこし協力隊募集要項および応募用紙のダウンロード

 栗原市地域おこし協力隊の応募については、次のファイルをダウンロードし、応募用紙を記入のうえ提出してください。

タイトル ファイル名 コメント
募集要項および応募用紙 20170908-190248.docx [35KB docxファイル]
20170908-190307.pdf [314KB pdfファイル]
A4判6ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク