ふるさとを離れても

 6月17日から25日の間、在京ふるさと会9団体のうち、3団体の総会に参加してきました。
 在京ふるさと会は、2005年(平成17年)の栗原市誕生以前から活動しており、今年で50周年を迎える団体もあります。
 私が参加して強く感じたことは、在京ふるさと会の方々の「ふるさと栗原」に対する熱い思いでした。会員相互の交流はもとより、ふるさとの応援団として、さまざまな分野で情報を発信している会員の方々の話や、同郷の友人たちと懐かしく語り合う様子を見て、「ふるさと栗原」への思いを肌で感じることができました。
 その中でも、在京ふるさと会の皆さんが、暮らしていた当時の活気あふれる栗原の再生も一つの大きな課題であると再認識しました。
 遠く栗原を離れ、活躍されている皆さんが誇りに思える「ふるさと栗原」を築いていかなければならないと、あらためて決意を固めました。

2017年9月1日(金曜日) 栗原市長 千葉 健司

写真:東京高清水会総会
【写真】東京高清水会総会