寄付の申込み方法の項目へ移動

ふるさとくりはら応援寄附金(ふるさと納税)

市民が創る くらしたい栗原

ふるさと納税で栗原市を応援してください!

 栗原市は、宮城県北部に位置しており、面積の約8割が森林や田畑などで占められた自然豊かな田園都市です。
 栗原市が2005年(平成17年)4月に合併してから、これまでの間で「平成20年岩手・宮城内陸地震」や、最大震度7を記録した「東日本大震災」、「平成27年9月関東・東北豪雨災害」と様々な自然災害に見舞われましたが、復旧・復興に向け、市民一丸となって取り組んでまいりました。
 これまで多くの皆様から温かいご支援やご協力をいただきましたこと、心から御礼申し上げます。
 今後も、皆様からの善意に感謝しながら、市政運営の理念として掲げた「市民が創る くらしたい栗原」の実現に向けて、より一層、努力してまいりますので、温かいご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

宮城県栗原市長 千葉 健司

どのような事に寄附金が使われるの?

 いただいた寄附金は、「第2次栗原市総合計画」に掲げている5つの将来像の達成のために活用いたします。

将来像1 恵まれた自然に包まれた、質の高い暮らしのまちを創るために

写真:将来像1のイメージ、朝焼け空に飛び立つマガンの群れ

  • 生活基盤の向上
  • 歴史文化の継承支援
  • 防犯・防災対策 など

将来像2 子どもたちの豊かな感性と生きる力を育むまちを創るために

写真:将来像2のイメージ、保育所での豆まき会

  • 子育て支援の充実
  • 学力の向上推進
  • 教育施設の整備 など

将来像3 健康や生活に不安がなく、優しさと思いやりに満ちたまちを創るために

写真:将来像3のイメージ、小学校の植栽活動

  • 健康増進の取組み
  • 医療体制の充実
  • 介護予防への取組み など

将来像4 地域の特性を生かした、産業や交流が盛んなまちを創るために

写真:将来像4のイメージ、稲刈り作業

  • 農林業の振興
  • 商店街の活性化
  • 田園観光都市の創造 など

将来像5 市民がまちづくりを楽しめるまちを創るために

写真:将来像5のイメージ、まちづくり委員会での会議

  • コミュニティの活性化
  • 市民活動の充実
  • 行財政改革の推進 など

 第2次栗原市総合計画のページ

ふるさとづくりの目的で寄附していただき、納税額の一部を控除

 栗原市に寄附をしていただくことで、税制上の優遇措置が受けられます。
 「ふるさと納税」として寄附した金額のうち、所得税では2,000円を超える部分が寄附をした年の所得から控除(所得控除)されます。個人住民税では2,000円を超える部分が、寄附をした年の翌年度に課税される税額から控除(税額控除)されます。

  • 控除を受けるためには、確定申告かお住まいの市区町村での申告手続きが必要です。忘れずに、申告をしてください。
  • 控除額は一人一人異なりますので、申告先の税務署またはお住まいの市区町村にお尋ねください。

 詳しくは、次のリンク先でご確認ください。
 総務省のサイト内「ふるさと寄附金など個人住民税の寄附金税制」のページを別ウィンドウ(タブ)で開きます。

寄附の申込み方法

インターネットでの申し込み

 インターネットでの申し込み&クレジットカード決済が可能になりました!

 申し込みから決済まで、ワンストップで完了します。(所要時間は5分程度)
 ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」もしくは「ふるさとチョイス」の栗原市のページから申し込みください。

さとふるサイト内、「栗原市ふるさと納税返礼品一覧」のページを開く

ふるさとチョイスサイト内、「栗原市ふるさと納税返礼品一覧」のページを開く

ふるさと納税ワンストップ特例

 ふるさと納税ワンストップ特例とは、確定申告を行わない給与所得者等について、寄附申込み時に寄附者本人からの要請を受けて、市区町村(個人住民税課税市区町村)に対する寄附金控除申請を、栗原市が寄附者本人に代わって行う特例制度です。

  1. ワンストップ特例を希望する場合は、寄附申込書の「ワンストップ特例を希望する」に○を記載し、お知らせください。
  2. 入金確認後、専用の申請用紙をお送りしますので、必要事項を記入し栗原市企画部企画課へ返送していただければ手続き終了です。

 ※5団体を超える地方公共団体へふるさと納税を行う場合は、確定申告が必要ですので、ご注意ください。

 ワンストップ特例制度の概要については、次のファイルをダウンロードしてご覧ください。

タイトル ファイル名 コメント
ワンストップ特例制度 onestop_tokurei.pdf [99KB pdfファイル] A4判 1ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

 また、ふるさと納税の詳しい内容については「総務省ふるさと納税ポータルサイト」をご覧ください。
 総務省ふるさと納税ポータルサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。

ふるさと納税の「寄附受領証明書」および受領日について

 翌年の確定申告で税額控除の適用を受けるためには、年内(1月~12)にご寄附を行っていただき、12月31日までの日付が記載された「寄附金受領書」が必要になります。
 栗原市では、市への入金が確認できたのちに、「寄附金受領証明書」を作成し、交付いたします。寄附の方法により受領日の取扱いが異なりますのでご注意ください。

「指定金融機関」または「ゆうちょ銀行」からお振込みされた場合

 受領日は「指定金融機関」または「ゆうちょ銀行」での払い込み日といたします。
 ※翌年の確定申告で税額控除の適用を受けようとする時は、各金融機関の12月の最終営業日まで払い込みください。

クレジットカード決済(ヤフー公金支払代行サービス)を利用された場合

 受領日は、支払手続きを完了された、クレジットカードの利用日
 ※翌年の確定申告で税額控除の適用を受けようとする時は、12月31日午後11時59分59秒までに手続きを完了してください。
 ※受領日が有効になるのは、栗原市にクレジットカードの代金が振り込まれ、その入金が確認できた日以降(通常、払い込み手続きから15~30日前後)となり、「寄附受領証明書」の交付はその日以降になりますので、あらかじめご了承ください。

現金書留で送金された場合

 受領日は、栗原市が現金書留を受け取った日
 ※翌年の確定申告で税額控除の適用を受けようとする時は、12月の最終開庁日の正午までに栗原市に着くようにご送金ください。

寄附金を窓口にご持参いただいた場合

 受領日は、ご持参いただいた日
 ※ご持参いただいた場合の、「寄附受領証明書」につきましては、約10分ほどお時間をいただきますが、その場で発行いたします。
 ※翌年の確定申告で税額控除の適用を受けようとする時は、12月の最終開庁日の正午まで来庁いただきますようお願いいたします。

ふるさと納税に対する返礼品

 栗原市では寄付をいただいた皆さまに、返礼品を贈呈しております。
 返礼品の内容については、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」をご確認いただきますようお願いいたします。

さとふるサイト内、「栗原市ふるさと納税返礼品一覧」のページを開く

ご確認ください

  • ふるさと納税制度の趣旨により、栗原市内在住の方には御礼品を発送しておりません。栗原市内在住の方からいただいた寄附は、一般寄附として受け付けさせていただきますので、ご理解くださいますようお願いします。
  • 御礼品の配送日指定は対応できかねますので、ご了承ください。
  • 御礼品は数に限りがありますので、銘柄を変更してお届けする場合もあります。あらかじめご了承ください。

平成28年度の「ふるさと納税」寄附実績

 平成28年度は、述べ402名の皆様から5,438,000円のご寄附をいただきました。誠にありがとうございます。

各問い合わせ先

 この取り組みは、「ふるさと栗原を応援したい」という皆さまの善意を、施策に反映させるためのものです。お気軽に、お問い合わせください。

寄附の申込についての問い合わせ先

問い合わせ先
企画部企画課 企画政策係
〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号 【市役所3階】
電話:0228-22-1125  ファクス:0228-22-0313  メールアドレス:kikaku@kuriharacity.jp

寄附金控除についての問い合わせ先

問い合わせ先
総務部税務課 市民税係
〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号 【市役所1階】
電話:0228-22-1121  ファクス:0228-22-0340  メールアドレス:zeimu@kuriharacity.jp