第2次行政改革大綱

 少子高齢化の進行と人口減少時代の到来、そして、金融危機をきっかけにした世界的な景気後退の中で、地方自治体を取り巻く社会環境は、これまで以上に厳しくなってきています。また、地方分権の推進により、自治体が担う役割は増大しており、市民生活や社会活動を支えるために、主体的かつ柔軟な市政運営が求められています。
 栗原市は、このような状況の中で、国から交付される地方交付税が、平成33年度から現在の交付額より大幅な減額が見込まれており、将来の財源不足に対応できる行政経営とするため、力強い行財政改革を推進し、簡素で効率的な行政サービスの実現と市民と行政とのパートナーシップの確立に積極的に取り組んでいきます。
 推進にあたっては、市民のみなさんと共に進めたいと考えます。みなさんのご理解とご協力をお願いします。

第2次栗原市行政改革大綱・第2次栗原市集中改革プラン

タイトル ファイル名 コメント
第2次行政改革大綱 taiko-02.pdf [795KB pdfファイル] A4判 17ページ
第2次行革大綱・集中改革プラン 概要版 gaiyo-02.pdf [511KB pdfファイル] A4判 4ページ
第2次集中改革プラン【前期】(平成22から24年度) plan-02zen.pdf [1033KB pdfファイル] A4判 27ページ
第2次集中改革プラン【中期】(平成25から27年度) plan-02tyu1.pdf [907KB pdfファイル] A4判 23ページ
第2次集中改革プラン【後期Ⅰ/Ⅱ】 plan-02ko-kiatei_H29.9.pdf [1793KB pdfファイル] A4判 39ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

第2次栗原市集中改革プラン実施状況

 第2次栗原市集中改革プランの進捗状況について、年度毎の実施状況を取りまとめています。

【後期Ⅰ】(平成28年度から平成29年度まで)
タイトル ファイル名 コメント
第2次集中改革プラン【後期Ⅰ】
(平成28年度実績報告)
H28_jisseki_.pdf [1084KB pdfファイル] A4判 35ページ

【中期】(平成25年度から平成27年度まで)

タイトル ファイル名 コメント
第2次集中改革プラン【中期】
(平成25年度実績報告)
H25-jisseki.pdf [1475KB pdfファイル] A4判 41ページ
第2次集中改革プラン【中期】
(平成26年度実績報告)
H26-jisseki.pdf [1675KB pdfファイル] A4判 41ページ
第2次集中改革プラン【中期】
(平成27年度実績報告)
H27_jisseki___.pdf [1524KB pdfファイル] A4判 41ページ

【前期】(平成22年度から平成24年度まで)

タイトル ファイル名 コメント
第2次集中改革プラン【前期】
(平成22年度実施状況)
plan-02zen_h22js.pdf [407KB pdfファイル] A4判 19ページ
第2次集中改革プラン【前期】
(平成23年度実施状況)
plan-02zen_h23js.pdf [658KB pdfファイル] A4判 21ページ
第2次集中改革プラン【前期】
(平成24年度実施状況)
plan-02zen_h24js.pdf [622KB pdfファイル] A4判 22ページ
行政改革大綱とは

 行政改革を必要とする背景および目的、改革に向けての基本的な考え方、改革に向けての重点項目などを明示し、今後の栗原市における行政改革の基本指針としての役割を担うものです。

集中改革プランとは

 栗原市行政改革大綱に基づいた行政改革の重点項目などの取組を集中的に実施するため、計画期間における行政改革の具体的な取組を明示し、その進行管理を行うためのものです。

 次の7つを推進施策として取り組んでいきます。

  1. 市民と行政との協働のまちづくりの推進
  2. 行政サービスの向上
  3. 柔軟で機動的な組織体制の構築
  4. 人材育成の推進
  5. 業務改革の推進
  6. 歳入の確保
  7. 歳出の抑制・経費削減
取組体制

画像:行政改革推進体制

 行政改革をスムーズに進めるため、次の組織を設置して行政改革大綱や集中改革プランの見直しや、行政改革の推進状況を管理します。

  1. 行政改革推進本部
    市長・副市長・教育長・部局長・会計管理者などで組織。行政改革大綱の策定、行政改革推進に関する計画の策定、計画の推進、推進状況の公表などに関する決定を行います。
  2. 幹事会
    部局次長・総合支所長などで組織。本部の会議に付議すべき事項を、事前に調査・検討を行います。
  3. ワーキングチーム
    行政改革推進本部幹事会から付議された事案について、調査・検討を行います。
  4. 懇話会
    専門的知識を有する学識経験のある方、市政に関心を持ち、優れた識見を有する方などで栗原市行政改革懇話会を設置。栗原市の行政改革に関し、さまざまな視点から意見、提言をいただきます。
計画の進行管理

 集中改革プランの進捗状況を確認し、市のホームページなどを通じて市民の皆さまに公表していきます。また、行政改革大綱と集中改革プランは、社会情勢と市民ニーズの変化に対応させるため、継続的な改善充実を図っていきます。

第1次栗原市行政改革の取組実績

 栗原市は2006年(平成18年)3月に「栗原市行政改革大綱」を策定し、平成17年度から平成21年度までの5年間、職員の定員管理の適正化や経費の節減・合理化などによる財政の健全化と市民の行政参加のための環境づくりに取り組み、積極的な行政改革を推進してきました。
 ここに第1次栗原市行政改革が終了したことから、これまでの行政改革の取組実績を公表します。

タイトル ファイル名 コメント
第1次栗原市行政改革の取組実績 01gyokaku_jisseki.pdf [247KB pdfファイル] A4判 5ページ
第1次栗原市集中改革プランの取組内容 01suykai-p_naiyo.pdf [695KB pdfファイル] A4判 29ページ
行政改革大綱 taiko.pdf [83KB pdfファイル] A4判 26ページ
集中改革プラン plan.pdf [185KB pdfファイル] A4判 41ページ