• くりはら研究所だより第107号
  • 2016年1月1日(金曜日)発行

シリーズ ジオパーク 31
専門部会の活動を紹介します

 栗駒山麓ジオパーク推進協議会では、ジオパークを通したさまざまな地域振興活動を進めています。今回は、協議会内の4つの専門部会にスポットを当て、現在取り組んでいる活動の一部を紹介します。

防災・教育部会

画像:読本のイメージについて意見交換をする様子 栗原市の地形・地質や、過去に起きた震災・水害などを後世に伝えるため、分かりやすく、親しみやすい小冊子づくりを担当しています。市教育委員会や学校教諭などによるグループでは、児童・生徒向けの防災ジオ読本を作成しています。この防災ジオ読本は、平成28年度の配布を目標にしています。

広報・宣伝部会

 広報くりはらやフェイスブックやツイッターなどを活用した情報発信を行っています。
 各地のジオパークでは、盛んに地域資源をモデルとしたキャラクターによる広報・周知活動が行われています。部会でも栗駒山麓ジオパークをイメージできるキャラクターについて検討を行っています。また、ロゴマークの活用方針やルール作りなども検討していきます。

観光・ツーリズム部会

画像:ジオパーク関連商品を検討しています 栗原市を訪れる方のツアーコースやお土産、食事など、ジオパークに関連した商品開発を検討しています。
 現在の取り組みの一つとして、地元食材をふんだんに使ったジオパーク弁当や和菓子などが挙げられますが、既存のお土産や工芸品ともタイアップしていきたいと考えています。

ガイド部会

画像:10月のジオツアーで伊豆沼のガイドをする様子 市内外や国外から多くの視察を受け入れ、来訪客も増加しています。また、関係団体と連携したモニターツアーにもガイドとして参加しています。現在は、ビジターセンターの整備について検討しています。

協議会の今後

 「ジオパークを活用した地域振興」という大きな目標に向かって専門部会ごとに、さまざまな工夫をしています。
 多くの方々に「栗駒山麓ジオパークに行きたい」、「また来たい」と思ってもらえることが大切であり、そのためにも、今後も一つずつ実績を積み重ねて行きたいと考えています。

ジオサイト紹介 3

 栗駒山麓ジオパークの16のジオサイトを紹介します。

ジオサイト3 山頂周辺の地形

みどころ

  1. 千年クロベとその群落
  2. 栗駒山大崩壊と岩屑流(がんせつりゅう)
  3. 雪形・駒形
  4. 雪形・種まき坊主

 栗駒山は登山や紅葉のほか、右のような山頂周辺の地形による特徴が見られます。山頂の南西部では、長い年月をかけて成長し巨木となったクロベが群生しています。反面、山頂から天狗の相撲取場(御駒岳)方面には数万年前に起こったとされる大崩壊跡があり、この跡が雪形となります。これまで幾万年の間繰り返されてきた大地の営みを考えて、あらためて栗駒山を見上げると、いつもの風景がより大きく感じるのではないでしょうか。
 次回は、ジオサイト4の高層湿原を紹介します。

銀座で味わう旬な栗原産食材のフレンチ
「くりはら輝かせ隊in東京」 

11月6日(金曜日)/東京都中央区銀座「GINZA kansei」

 くりはら輝かせ隊は、栗原市の観光産業づくりを応援・支援し、「栗原を輝かせたい!」と思っている市外に在住している栗原のファンの方々です。

 栗原市民まつりで、おもてなし料理をふるまっていただいている栗駒岩ケ崎出身の坂田 幹靖 氏がシェフをしているGINZA kanseiで「くりはら輝かせ隊in東京」を開催しました。
 参加者は、くりはら輝かせ隊会員の中から、首都圏で活躍されている市内出身の方やこれまでに市の観光に関する事業でお世話になった方など17人が参加されました。

第1部

画像:DVDを観賞している様子 初めに、合併10周年を記念として制作した映像を放映しました。その後、9月4日に日本ジオパークに認定された「栗駒山麓ジオパーク」を含めた観光情報発信の取り組みを説明し、最後に、平成27年度中に放送したテレビCMを放映しました。
 参加者の皆さんは、栗原の様子を懐かしんでいました。

第2部

画像:参加者全員で記念写真 坂田シェフからメニューの説明をいただいた後に、市の食材をたくさん使ったフレンチ料理に舌鼓をうちながら、参加者同士で情報交換や懇親を深めました。
 また、和やかな雰囲気の中で、参加者全員から一言ずつ、栗原に住んでいたころの思い出や、栗駒山への想い、くりはら輝かせ隊としての活動についてなどを話していただきました。

銀座で味わう旬な栗原産食材のフレンチ
  • 大船渡産平目のカルパッチョ栗原市産野菜のサラダ仕立て
  • 志波姫ポークの柔らか蒸し煮 栗原市産キノコ風味
  • 三陸産大粒牡蠣のフライ 栗原市産白菜クーリー
  • 漢方和牛のステーキカレー

平成27年度過疎地域自立活性化優良事例総務大臣賞受賞記念事業
栗原市観光振興シンポジウム

  • 日時 1月24日(日曜日)午後2時から4時30分まで
  • 場所 志波姫この花さくや姫プラザ
  • 内容 評価の高い体験プログラムやジオパーク活動など、今後の市全体の観光施策のあり方を皆さんで考えます
    1. 画像:宮口とし廸氏活動紹介
      くりはらツーリズムネットワーク
    2. 講評
      料理家・フードコーディネーター 平尾 由希(ひらお ゆき)氏
    3. 基調講演
      早稲田大学教育・総合科学学術院教授 宮口 侗廸(みやぐち としみち)氏
    4. パネルディスカッション
      • コーディネーター
        画像:丁野朗氏公益社団法人日本観光振興協会常務理事・総合研究所長 丁野 朗(ちょうの あきら)氏(栗原ドリームアンバサダー)
      • パネリスト
        写真家 藤田 洋三(ふじた ようぞう)氏
        温泉ビューティ研究家 石井 宏子(いしい ひろこ)氏(栗原ドリームアンバサダー) 
        栗原市長 佐藤 勇(さとう いさむ)
        くりはらツーリズムネットワーク 副会長 伊藤 廣司(いとう ひろし)氏

【問い合わせ先】
くりはらツーリズムネットワーク 電話:0228-24-8588
kurihara.tn@gmail.com

「くりはら研究所だより」のPDFファイルを確認する

 くりはら研究所だよりPDF版のダウンロードのページへ移動する