• くりはら研究所だより第100号
  • 2015年6月1日(月曜日)発行

くりはら研究所だより 第100号 

画像:くりはら研究所だより第1号 平成18年12月に第1号が発行された「くりはら研究所だより」が今月で100号を迎えました。
 栗原市が合併して10周年の記念の年に達成することができ、皆さまに感謝申し上げます。
 これからも、皆さまに興味を持っていただけるよう心掛けていきますので、よろしくお願いします。

タイトル ファイル名 コメント
くりはら研究所だより第1号 kenkyujyodayori01.pdf [2508KB pdfファイル] A4判
1ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

シリーズ ジオパーク24.

4月14日(火曜日)/志波姫 エポカ21

 総会には32人の協議会委員が出席し、前年度事業報告および決算承認や今年度事業計画および予算審議のほか、日本ジオパークネットワークへの加盟申請に向けて、ジオサイトの選定および申請内容について協議しました。

平成27年度栗駒山麓ジオパーク推進協議会総会

画像:「ジオサイトやジオポイントをしっかり説明していきたい」とジオガイド菅原敏充氏から発言がありました(写真中央)

 前年度の事業報告として、ジオガイド養成講座(初級・中級・スキルアップ)25回、各種団体の視察受入31件、小中学生のジオパーク学習11件、説明会・研修会12件、出展・PR活動13件、ジオツアー26件、専門部会などによる協議計33回などの報告があり、決算とともに承認されました。
 議案第1号「ジオサイトの選定について」では、栗駒山麓ジオパーク構想のエリア(市内全域)を標高差により4つのゾーンに区分、16のサイトを設け、各サイトには見所となる100のジオポ画像:議事に先立ち、アドバイザーの宮城豊彦教授より講演いただきましたイント(場所・物)により周知を図る説明がありました。
 議案第2号「日本ジオパークネットワーク加盟申請について」では、これまでの経過、ジオパーク構想の概要、今後の方向性の説明がありました。
 今年度の事業計画として、これまでの活動に加え、ジオ読本を活用したジオパーク教育の普及、説明板などの施設整備などが挙げられ、予算案とともに承認されました。
 役員改選を行い、次のとおりいずれも再任されました。

  • 会長
    佐藤 勇(さとう いさむ) 栗原市長
  • 副会長(2人)
    加藤 榮幸(かとう えいこう) 氏(栗っこ農業協同組合代表理事組合長)
    片倉 義明(かたくら よしあき) 氏(栗原市区長会連合会長)
  • 監事(2人)
    高橋 義矩(たかはし よしのり) 氏(迫川上流土地改良区理事長)
    菊地 保行(きくち やすゆき) 氏(栗駒・鶯沢商工会長)

平成27年度栗駒山麓ジオガイド養成講座(初級)受講者募集

 栗駒山麓ジオパーク推進協議会では、ジオパーク推進事業の一環として、ジオパークの魅力や地域の文化を来訪者に伝えるジオガイド養成講座(初級)を全5回の予定で開催します。
 ジオパークやジオガイドに関心のある方など、誰でも受講できますので、ぜひ参加してください。

第1回講座(初級)

  • 画像:養成講座の様子日時 6月27日(土曜日)午前9時から
  • 場所 市民活動支援センター
  • 内容 岩手・宮城内陸地震復興までの道のり・ガイドの基礎知識
  • 講師 栗駒耕英行政区長 金澤 大樹 氏
       多世代はうす文字倶楽部代表 馬渡 達也 氏
  • 申し込み 6月17日(水曜日)までジオパーク推進室に、電話で申し込みください

 ※第2回以降は受講者にお知らせします 

【問い合わせ先】
ジオパーク推進室 電話:0228-22-1151

くりはら観光塾「インバウンド・ステップアップ講座」受講者募集

画像:インバウンド・ステップアップ講座チラシ 栗原市の多彩な地域資源を観光客にPRし、栗原に訪れていただくことを目的とし、くりはら観光塾を開催しています。
 海外からのお客様に、栗原市の観光を英語や中国語で伝えてみませんか。
 今年度は「インバウンド・ステップアップ講座」を開催します。前半の5回は「観光英会話講座」、後半5回は「観光中国語講座」を開催する予定です。
 観光英会話講座では、実際に観光地を巡り、実践的に英会話を学ぶ予定です。
 市民で、市の観光に興味のある方であれば、どなたでも受講できます。

第1回「観光英会話講座」

  • 日時 7月1日(水曜日)午後1時30分から
  • 場所 志波姫この花さくや姫プラザ
  • 内容 市の観光についてテーマ毎に英語の基本から実践までを学びます
       観光英会話講座では、全5回のうち1回は、実際に市の観光地を巡る講座を予定しています
  • 講師 佐藤 美香(さとう みか)氏(英会話講師) 
  • 定員 30人(先着順)※おおむね10回受講できる方
  • 申し込み 6月12日(金曜日)まで田園観光課に、電話で申し込みください

 ※第2回から第5回は7月の毎週水曜日開催予定です
  詳しくは、申込者へ後日お知らせします

栗駒山の夏山シーズン到来 栗駒山夏山開き

5月17日(日曜日)/栗駒山いわかがみ平

 栗駒山を訪れる登山者や観光客の安全を祈願する、「栗駒山夏山開き」が開催され、栗駒山に夏山シーズンが到来しました。

栗駒山夏山開き

画像:御駒神輿が栗駒山頂上へと運ばれる様子 栗駒山に夏山シーズンの到来を告げる「栗駒山夏山開き」が行われました。栗駒山の安全を祈願する神事が執り行われ、御駒御輿が山頂にある駒形根神社へ運ばれました。
 当日は、夏山開きを待っていた、たくさんの登山愛好家も安全祈願祭に参加し、栗駒レストハウス前では、「ねじりほんにょグッズ」や「地場産品」などの物産も販売され、ねじり ほんにょも登場するなど、合併10周年を記念するにぎやかな安全祈願祭となりました。祈願祭後は、登山装備をしっかりと整え、おのおの山頂を目指していました。

楽しい登山のために

  • 画像:夏山開き当日はたくさんの登山愛好者でにぎわいましたコースには雪が一部残っていますので、登山経験者などの同行をお勧めします。
  • 登山のときは、急な雨や寒さなど天候の変化に対する装備を忘れずにしてください。
  • 無理のない行程(日程)で、登山を楽しんでください。

栗駒山麓まるかじりバス

画像:栗駒山麓まるかじりバスチラシ 6月の栗駒山は、例年、サラサドウダンが咲きはじめ、ワタスゲやニッコウキスゲが見ごろを迎えます。栗駒山へ「栗駒山麓まるかじりバス」が運行されておりますので、ぜひ、利用してください。
 詳しくは、問い合わせいただくか、ホームページで確認してください。

  • 期間 6月13日(土曜日)から28日(日曜日)までの土曜日・日曜日
  • 主な運行区間 JRくりこま高原駅~いわかがみ平~世界谷地原生花園~各施設
  • 費用 片道:1,800円 往復:3,500円
  • 申し込み 乗車希望の4日前まで問い合わせ先に、電話で申し込みください

 ※最少催行人数10人

【問い合わせ先】
一般社団法人栗原市観光物産協会 電話:0228-25-4166
(一社)栗原市観光物産協会のページを開く(外部リンク)

「くりはら研究所だより」のPDFファイルを確認する

 くりはら研究所だよりPDF版のダウンロードのページへ移動する