マイナンバー(個人番号)について

 2016(平成28)年1月から社会保障・税・災害対策において、法令で定められた行政手続に利用されています。
 また、税の申告書や健康保険の加入届などに個人番号の記載が必要となります。
 漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除き、マイナンバー(個人番号)は一生変更されません。

タイトル ファイル名 コメント
マイナンバー制度の概要 mynumber_kj_kojin.pdf [9103KB pdfファイル] A4判 48ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

マイナンバー(個人番号)の通知

(マイナンバー通知カードのイメージ)

画像:個人番号通知カードの表面(案) 画像:個人番号通知カードの裏面(案)
マイナンバー(個人番号)通知カードの表面 マイナンバー(個人番号)通知カードの裏面
  • マイナンバー(個人番号)をお知らせするために通知するカードです。
  • 住民票を持つすべての人に送付されます。
  • 行政手続等でご自身のマイナンバーを証明する際に使用するものにもなりますので、大切に保管してください。

マイナンバー(個人番号)通知カードを受け取っていない方へ

 通知カードは、住民票を有する全ての住民の方々に対し、世帯ごとに転送不要の簡易書留により郵送されましたが、何らかの事情により、受け取ることができなかった通知カードは栗原市に戻ってきています。

 市へ返戻された通知カードは、3ヶ月程度保管いたしますので、下記の必要なものをお持ちになり、市民生活部市民課へお越しいただければ、お渡しいたします。

 なお、保管期間が経過した通知カードは廃棄処分を行います。廃棄後は、再申請していただく必要があるうえ、即日交付はできませんので、お早めにお受け取りください。

  • 受取場所 市民生活部市民課(築館総合支所内)「栗原市わが街ガイド」で地図を表示
  • 受取時間 平日午前8時30分~午後5時15分   
  • 受取時に必要なもの
    1. 本人(世帯主・同一世帯員)が受け取る場合
      (1)受取人の本人確認書類(A)1点または(B)2点
    2. 代理人が受け取る場合
      (1)交付申請者の本人確認書類(A)1点
      (2)受取人(代理人)の本人確認書類(A)1点または(B)2点
      (3)代理人であることを示す書類
       (ア)代理人が法定代理人の場合 戸籍謄本その他資格を証明する書類
       (イ)法定代理人以外の場合 委任状等、交付申請者の指定の事実を確認できる書類
  本人確認書類の種類
(A)
1点の提示で確認可能なもの
(顔写真付きの身分証明書)
運転免許証、パスポート、住基カード(写真入り)、運転経歴証明書、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書等
(B)
2点の提示で確認可能なもの
(顔写真の無い身分証明書)
生活保護受給者証、健康保険証、介護保険証、医療受給者証、年金証書等

マイナンバーカード(個人番号カード)

(マイナンバーカードのイメージ)

画像:個人番号カードの表面(案) 画像:個人番号カードの裏面(案)
マイナンバーカードの表面 マイナンバーカードの裏面
  • 平成28年1月から交付を開始しています。取得は任意です。
  • 個人番号カードの交付申請書に必要事項を記入、写真を貼付し地方公共団体情報システム機構(J-LIS)に郵送で申請をしていただくこととなります。
    後日、市町村窓口でカードを交付します。
  • 個人番号カードは本人確認書類として使用できるほか、e-Tax(イータックス)などの各種サービスに利用できる予定です。
  • 個人番号カードに記録されるのは、券面に記載された氏名、住所、個人番号のほか、電子証明書などに限られます。(所得などの個人情報は記録されません)
     なお、個人番号カードの交付に伴い、住民基本台帳カードは、平成27年12月末で交付を終了しました。
  • 現在お持ちの住民基本台帳カードは有効期限まで利用できます。ただし、個人番号カードとの重複所持はできませんので個人番号カード交付時に住民基本台帳カードは返納していただくことになります。

 個人番号カードについて、申請方法など詳しくは次のファイルをダウンロードして確認してください。

タイトル ファイル名 コメント
個人番号カードチラシ kojinbango-card.pdf [3082KB pdfファイル] A4判 2ページ

個人情報の保護対策

 マイナンバー(個人番号)は、社会保障・税・災害対策の手続で行政機関などに提供する場合を除き、他人に提供することはできません。
 他人の個人番号を不正に入手することは、処罰の対象です。

マイナンバーに関する質問と回答

 内閣官房の特設ページでご確認ください。
 内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」の「よくある質問(FAQ)」ページを開く(外部リンク)