栗原市は、「市民が創る くらしたい栗原」を市政運営の基本理念に掲げ、まちづくりの最上位計画として栗原市総合計画を策定し、市民生活の質を高めるために、さまざまな施策に取り組んできました。
 しかし、わずか3年の間に「平成20年岩手・宮城内陸地震」、そして2011年の「東日本大震災」と、2度も大きな震災に見舞われ、震災からの一日も早い復旧・復興を成し遂げることが市にとっての最重要課題となっています。
 そのため、総合計画基本構想に新たな将来像「震災からの復興を成し遂げ、発展していくまち」を掲げ、さらに、少子高齢化の進行など、急速に変化していく社会情勢に対応するため成される「栗原市総合計画審議会」での審議や、市民アンケートによる前期基本計画の施策に対する評価、さらにはパブリックコメントの実施など、市民の意見を最大限考慮して、前期基本計画の検証をもとにすべての施策を再検討し、2011年12月に後期基本計画を策定しました。
 基本構想の一部変更及び後期基本計画は、学識経験者や各種団体代表者など15人で構策定しています。

策定体制

 栗原市総合計画:基本構想の一部変更および後期基本計画は、次のような庁内外の組織で検討を行い、策定しました。

  • 庁外組織
     総合計画審議会
  • 庁内組織
     総合計画策定本部、総合計画策定本部幹事会、総合計画策定部会(Ⅰ 定住・生活環境部会、Ⅱ 教育文化部会、Ⅲ 保健・医療・福祉部会、Ⅳ 地域産業経済部会、Ⅴ 市民協働まちづくり部会、Ⅵ 震災復興部会)

 策定のフローチャートは、次のPDFファイルでご覧いただけます。

タイトル ファイル名 コメント
策定体制フローチャート flow-chart.pdf [174KB pdfファイル] A4判 1ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

栗原市総合計画審議会

 栗原市総合計画審議会は、市長の諮問機関として、学識経験者や各種団体の代表者、市民代表で構成され、基本構想の一部変更および後期基本計画策定のための審議を行いました。

栗原市総合計画に関するアンケート結果

 後期基本計画策定にあたり、平成23年8月に「栗原市総合計画に関するアンケート」を実施しました。
 このアンケートは、市民のみなさんが、前期基本計画期間における市の取り組みに対して、どのようなご意見やご要望があるのかを把握し、その意向を後期基本計画に反映させるために行ったものです。
アンケートの集計結果をまとめた報告書は、下のPDFファイルでご覧いただけます。

タイトル ファイル名 コメント
栗原市総合計画に関するアンケート報告書 enquete.pdf [3559KB pdfファイル] A4判 63ページ

基本構想の一部変更(案)に対する市民意見(パブリックコメント)の募集結果

  • 意見の提出状況
     案件名:栗原市総合計画基本構想の一部変更(案)
     募集期間:2011年9月9日(金曜日)から28日(水曜日)
     意見提出件数:11件 意見提出者:2人

後期基本計画(案)に対する市民意見(パブリックコメント)の募集結果

  • 意見の提出状況
     案件名:栗原市総合計画後期基本計画(案)
     募集期間:2011年11月22日(火曜日)から12月12日(月曜日)
     意見提出件数:10件 意見提出者:2人