• くりはら研究所だより第34号
  • 2009年9月16日(水曜日)発行

資源の魅力シリーズ2 近代化産業遺産 その1

 資源の魅力シリーズ2は、近代化産業遺産群として認定を受けている細倉鉱山関連遺産。市内といっても、行ったことがない人は多いのではないでしょうか。

写真:細倉鉱山跡の全景

 近代化産業遺産は、産業史や地域史のストーリーを軸に、相互に関係する複数の遺産から構成する「近代化産業遺産群」を33のストーリに取りまとめ、経済産業省が認定したものです。
 細倉鉱山関連遺産は、「有数の金属供給源として近代化に貢献した東北地方の鉱業の歩みを物語る近代化産業遺産群」の一つとして、認定を受けています。
 鶯沢にある細倉鉱山は、古くから鉛の採掘場や亜鉛製錬所として栄えました。その貨物輸送と住民の足として地域の生活を支えたのが、くりはら田園鉄道(通称、くりでん)です。

写真:昭和の雰囲気が残る佐野社宅跡

 鉱山で働いていた地元の人に聴いてみると、鉱山が最盛期だった昭和前半の町の様子を話してくれました。従業員の社宅が建ち並び、商店街には映画館やパチンコ店、病院などがあり、人の往来があって賑やだったそうです。
 現在の鉱山周辺は、大分様変わりしました。道路は広くなり、住宅も新しい建物が増えました。かつての鉱山は、リサイクル産業へと姿を変えています。
 でも、煙突や選鉱場跡などがある鉱山施設は、外観だけでも圧倒されるような迫力があります。また、細倉鉱山の幹部用の社宅だった佐野社宅は、板塀に囲まれた凝った造りの木造平屋の家屋が並び、屋根の瓦や薄いガラス戸など、昭和前半の面影を強く残しています。
 細倉鉱山やくりでんが、産業の中心として地域に与えた影響とはどんなものだったのでしょうか。また、人々の生活や文化はどう変化してきたのでしょうか。
 本シリーズでは、近代化産業遺産に認定されている施設とそれにまつわるストーリーを少しずつ紹介しながら、魅力を探していきたいと思います。

細倉鉱山関連遺産の構成

  • 細倉鉱山総合事務所(本社)
  • 坑道跡
  • 佐野社宅
  • 選鉱場跡、製錬施設、旧亜鉛製錬所
  • 細倉山神社
  • 貨物駅プラットホーム跡
  • たぬき掘り跡、かもじ坑
  • くりはら田園鉄道、駅舎、機関庫、車両群
  • くりはら田園鉄道保線修理用工具類、掲示板、各種資料

資源調査で観つけた小さな光

あぜ(くろ) 農村が美しいワケ

写真:田んぼ

 「あそこの田んぼはいつ見てもキレイなの。昔から、足音をきいて稲は育つといってね、毎日田んぼに行って、手をかけてあげないとおいしいお米にはならないんだよね。毎日あぜ(くろ)を歩くってことは、あぜの管理もしっかりやらなきゃいけないんだ」
 農村景観を考えるセミナーに参加したときに、農家のお母さんが話してくれた「いつもスカッと草を刈っている田んぼのあぜ」の話題です。
 確かに市内を歩くと、決まって目を引く田んぼがあります。手入れが行き届いていて、洗練された美しさを感じていました。お母さんの話を聴いてから、もう一度見直してみると、そこに働く人の姿を感じられるようになりました。
 田んぼの表面的な美しさから、それを支える暮らし方や、自然と人とが互いに良好な関係で保たれていることを学ぶことができます。
 モノの見方、感じ方を改めて教えてくれた出来事でした。
 さらに、お母さんのお話には続きがありました。「キレイな田んぼの人に聴いたら、その人のお父さんもそうしていたんだって」。

【参加者募集】観光ステップアップセミナー

地域の魅力を発見する観光のチカラ

  • 場所 市民活動支援センター(築館総合支所2階)
  • 対象 各回30人 ※なるべく継続して参加できる人
  • 申し込み 各回とも開催日の前日までに、くりはら研究所に電話で申し込みください。
ステップ4 10月15日(木曜日)午後1時から3時

【応用編】「まちがあって、人がいて、宿がある」
社団法人日本観光旅館連盟 会長補佐 澤 功 氏(澤の屋旅館館主)

ステップ5 10月21日(水曜日)午後2時から4時

【応用編】「文化的景観とまちづくり」
文化庁 文化財記念物課文化的景観部門 文部科学技官 鈴木 地平 氏

ステップ6 11月5日(木曜日)午後7時から9時

【応用編】「観光はまちづくりの総決算」
財団法人日本交通公社 研究調査部 主任研究員 岩崎 比奈子 氏

「くりはら観光塾」のページに移動する

長屋門調査

写真:長屋門

 市内にある長屋門の数や分布を把握するため、調査員が市内を調査します。
 調査員が訪問してお話を聴いたり、写真を撮影する場合がありますので、ご協力をお願いします。

【調査内容】

  • 調査期間 平成21年10月1日(木曜日)から平成22年3月26日(金曜日)

  • 調査内容 長屋門の所在、建物の状況など

  • 調査員 市が委託する事業者

くりはら研究所だよりPDF版

次のリンクから『くりはら研究所だより』のPDF版をダウンロードできます。

くりはら研究所だよりPDF版のダウンロード