ねじり ほんにょのデザイン画、愛称のロゴ、着ぐるみの使用についての要綱です。
 使用にあたって料金は発生しませんが、事前に申請が必要となります。
 以下の手続きをご確認のうえ、いろいろな場面で栗原市のPRをお願いします。

使用申請について

 「栗原市マスコットキャラクターデザイン等使用申請書」に事業概要や見本などを添付して、下記問い合わせ先まで提出してください。

 ※ただし、次の場合は申請書の提出は不要です。

  1. 栗原市、行政団体が使用する場合
  2. 栗原市が構成員に入っている実行委員会や協議会などが使用する場合
  3. 自治会や市民団体が地域の活性化のために使用する場合
  4. 学校等の教育機関が教育を目的として使用する場合
  5. 報道機関が報道目的で使用する場合
  6. その他市長が適当と認めた場合
タイトル ファイル名 コメント
栗原市マスコットキャラクター等の使用に関する要綱 mascot_yoko.doc [76KB docファイル] A4判
11ページ
栗原市マスコットキャラクターデザイン等使用申請書 mascot_sinseisyo.doc [34KB docファイル] A4判
1ページ

使用できる画像

 デザイン、ロゴは次のファイルを活用してください。ただし、デザインや色、形状の変更は認めません。

イラスト 名称 画像ファイル
画像:栗原市マスコットキャラクター「ねじり ほんにょ」前 ねじり ほんにょ(前) 1_honnyo_mae.jpg [431KB jpgファイル]
画像:栗原市マスコットキャラクター「ねじり ほんにょ」後 ねじり ほんにょ(後) 2_honnyo_ushiro.jpg [461KB jpgファイル]
画像:ねじり ほんにょロゴ横 ねじり ほんにょロゴ(横) logo_yoko.jpg [101KB jpgファイル]
画像:ねじり ほんにょ縦 ねじり ほんにょロゴ(縦) logo_tate.jpg [99KB jpgファイル]
画像:栗原市マスコットキャラクター「ねじり ほんにょ」医学部バージョン ねじり ほんにょ(白衣バージョン) honnyo_hakui.jpg [343KB jpgファイル]

デザインガイドマニュアル

 使用の際は、デザインガイドマニュアルをご覧ください。栗原市とねじり ほんにょのPRのため、ぜひ活用ください。

タイトル ファイル名 コメント
栗原市マスコットキャラクター「ねじり ほんにょ」デザインガイドマニュアル mascot_gaido.pdf [211KB pdfファイル] A4判 2ページ

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

企業などの団体が販売目的で使用する場合

デザイン・ロゴについて
  • 使用の承認を受けた目的、内容のみに使用をお願いします。
  • ねじり ほんにょという名称を商品名・会社名等に使用することはできません。
  • 使用の際は、市が発行する許諾番号を商品に明示してください。
  • ねじり ほんにょを使用した商品の作成後にサンプルや写真の提供をお願いします。
  • ねじり ほんにょを使用した商品の商標登録は出願しないでください。
着ぐるみについて
  • 特定の団体等の宣伝への活用を制限する場合がありますので、申請の際に内容を確認させていただきます。

着ぐるみ出動時のお願い

  • 事前に市民協働課にスケジュール確認の問い合わせをお願いします。
  • 借用期間は貸し出した日から7日以内です。返却時は担当職員が確認します。
  • 汚損、破損した場合は必要に応じて補修やクリーニングをお願いします。
  • 市のホームページやフェイスブックに掲載させていただく場合があります。その際は関連情報や写真の提供などをお願いします。

 着ぐるみの使用については、次の使用マニュアルをよく確認し、適正な取り扱いをお願いします。

タイトル ファイル名 コメント
ねじり ほんにょ着ぐるみ使用マニュアル honnyo_manual.pdf [188KB pdfファイル] A4判 3ページ

使用を認めない場合

 次の場合は使用を認めません。

  1. 法令、公序良俗に反するおそれがあると認めるとき
  2. 特定の個人、政治、思想、宗教活動に利用するとき
  3. 栗原市の品位を傷つけ、あるいは傷つけるおそれのあるとき
  4. 不当な利益を得るために使用すると認められるとき
  5. 自己の商標、意匠等として独占的に使用するとき

 ※栗原市マスコットキャラクター使用承認申請書の提出が不要の場合であっても、上記に該当すると認められるときは、使用を認めません。