2010年5月24日に設置

 「平成20年岩手・宮城内陸地震」により、崩落などが生じた栗駒山麓の地形、景観の保存のあり方や、今後の防災教育、学術的研究など、多目的分野での活用の可能性を検討するため、「栗駒山麓崩落地・景観活用検討委員会」を設置し、栗原市長に将来ビジョンを提言するための協議などを行いました。
●委員長 宮城 豊彦 氏  ●設置年月日 2010年5月24日

栗駒山麓崩落地・景観活用将来ビジョンを提言

提言書策定までの経緯、活動など

委員、オブザーバー、事務局名簿