ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム栗原市

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

くりはら研究所

新しい観光産業づくり「くりはら田園観光都市」創造事業

個性的で活力のある観光産業づくりを目指して

写真:美しい栗原市の田園風景

 栗原市には、栗駒山などの豊かな自然の恵みを受けながら、農業を基幹産業に育まれてきた暮らしや文化、特産品などさまざまな魅力があります。これらの素晴らしい資源という「光」を調査・発掘し磨き上げ、その輝いた光を観(み)せるため、個性的で活力のある観光産業づくりとして、「くりはら田園観光都市」創造事業に2006年10月から取り組んでいます。
「くりはら田園観光都市」創造事業は、産業経済部田園観光課が担当しています。

 くりはら田園観光都市創造事業

調査研究活動

くりはら観光塾

若者の地方体験交流(地域づくりインターン事業)

くりはら研究所だより

観光活動支援

ふるさと応援団「くりはら輝かせ隊」

くりはら磨き隊

くりはら食ツーリズム研究会

【参加者募集】栗駒山麓ジオガイド養成講座

栗駒山麓崩落地・景観活用検討委員会

「くりはら田園観光都市」創造事業調査研究報告書
 2006年(平成18年)10月から2008年(平成20年)3月までの調査研究をまとめた報告書を麦屋弥生さんの監修で作成しました。PDF版をダウンロードできます。

次のリンクをクリックすると、「くりはらツーリズムネットワーク」のウェブサイトが開きます。
くりはらツーリズムネットワークのウェブサイトを開く(外部サイト)

麦屋弥生様の逝去について

写真:故 麦屋弥生さん 2008年(平成20年)6月14日(土曜日)、栗原市の観光産業づくりのアドバイザーとして、2006年(平成18年)10月から指導をいただいていた麦屋弥生さんが、駒の湯温泉に宿泊中、「岩手・宮城内陸地震」で発生した土石流に巻き込まれて逝去されました。
慎んでお知らせいたします。
麦屋弥生さん、そして今回の地震で亡くなられた皆様のご冥福を心からお祈りします。また、亡くなられた方々のご家族の皆さまに、お悔やみ申し上げます。

 追悼文(『くりはら研究所だより第20号』のページ)

 故 麦屋 弥生 さんのプロフィール

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

栗原市役所

〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号 (みやぎけん くりはらし つきだて やくしいっちょうめ 7ばん1ごう)
電話:0228-22-1122(代表) ファクス:0228-22-0312(総務部総務課)
■業務時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分
■休みの日:土曜日・日曜日、国民の祝日・休日、年末年始(12月29日から1月3日)
栗原市への交通手段 市役所の電話番号一覧

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる