花山地区『小さな拠点』づくりプロジェクト

画像:栗原市花山地区「小さな拠点」づくりプロジェクトイメージ画像

花山地区の概要

 栗原市の西端、栗駒山(奥羽山脈)の麓に位置する花山地区。
 国有林が大半を占め、美しい自然が広がるのどかな中山間地域です。
 主産業は農林業と観光業。温泉のほか、自然薯と蕎麦などの特産品が魅力です。

 次のリンクをクリックすると、各項目へ移動します。(ページ内リンク)
 プロジェクトの取組み概要 移住・定住への取組み
 【TOPIX】移住体験イベント「かがやく女性たちと過ごす花山いなか時間-2018夏プラン-」開催
 【TOPIX】移住体験イベント「かがやく女性たちと過ごす花山いかな時間-2018秋プラン-」開催

持続する地域へ!『小さな拠点』づくりプロジェクト

 小さな拠点づくりプロジェクトは、道の駅や診療所・公共施設等が集まる座主集落を花山地区の拠点と位置づけ、地域が抱える課題の解決に向けて、地域自らが主体となって取り組んでいこうとするものです。
 花山地区の人口は約1,100人。昭和30年代のダム建設に伴い人口減少が加速。現在は、高齢化率47%超のいわゆる過疎地域です。
 地域に若者が減り、高齢の一人暮らし世帯の増加、通院等の足の確保や、買い物弱者等の発生など、住み慣れた地域で暮らし続けることへの不安を持つお年寄りが増えてきました。
 豊かな自然と共存する中で、この地で育まれてきた文化や風土を次代の子どもたちにつないでいきたい。そんな地域の「思い」が持続する地域づくりに向けたプロジェクトというカタチに変わり、動き出しました。

花山鉄砲まつり地区民運動会

現在の取組み概要

 現在、お年寄りの方々の通院・生活用品等の買い物支援、児童の通学支援として、地域内デマンド対応型交通サービスを地域主体で取り組んでいます。
 また、花山地区への移住を促す受け皿づくりの一環として、地域の空き家の家財等を持ち主らと一緒に整理し、賃貸物件に蘇らせる新プロジェクト「空き家片づけ隊」を展開しています。
 今後も、地区内での買い物支援、冬場の除雪など、地域課題や困りごとの解消に向けて、地域の住民で支え合う仕組みづくりや、生活・活動・交流などの拠点となる場所づくりを目指した取り組みを地域の対話の中から考えていきます。
 なお、現在、このような取組みをサポートしてくれる「地域おこし協力隊」を募集しています。詳しくは地域おこし協力隊募集サイトをご覧ください。
 地域おこし協力隊募集 サイトに移動する

通学支援デマンド運行サービス

空き家片づけ隊協議会スタッフ

移住体験イベント「かがやく女性たちと過ごす花山いなか時間-2018夏プラン」開催

かがやく女性たちと過ごす花山いなか時間

 雄大な花山湖と大自然に囲まれているこの地域は、都心ほどあくせくしていませんが、だからといってのんびり過ごしているわけではありません。
 過疎化が進む地域ながらも、ここで暮らしている人たちは本当によく働き、まちのためにたくさん動きまわっています。
 よく「田舎はなにもない」と言われますが、"なにもない"からこそ自分たちで物事を創りだし、そこからひと・地域のコミュニティが生まれています。それは今も昔も変わらないようです。
 そんな中で今回は、このような花山地区で暮らす"かがやく女性たち"に注目しました。畜産をしたり、野菜を作ったり、収穫した作物を美味しい料理に変身させたり。日々、アクティブに過ごしながらも実はしなやかでたくましいのです。
 そんなかがやく女性たちと一緒にいなか時間を体験してみませんか。

  • 実施期間 8月3日(金曜日)~5日(日曜日)【2泊3日】 
  • 実施場所 栗原市花山地区内
  • 宿泊場所 栗原市移住体験住宅(花山地区内) 
  • 参加対象 地方移住をご検討されているご家族(2組限定)
  • 申込期限 7月27日(金曜日) ※定員になりしだい締め切りとなります。

 ※行程表など、詳しい内容については、花山地区「小さな拠点」づくり推進協議会事務局にお問い合わせください。 電話 0228-43-5111

移住体験イベント「かがやく女性たちと過ごす花山いなか時間-2018秋プラン」開催

かがやく女性たちと過ごす花山いなか時間-2018秋プランのチラシ

 夏プランに続く、移住体験イベント第2弾。

 農作物の収穫作業体験など「地方の暮らし」を体験できるほか、花山地区の一大イベント「湖秋まつり」運営を地域の皆さんと一緒に体験していただきます。
 滞在中の食費、地域住民との懇親会経費は自己負担となりますが、JR東北新幹線(東京駅・くりこま高原駅間)の往復チケット代金が全額補助されるなど、お得な移住体験ツアーです。
 地方移住を考える機会として、花山の秋の暮らしを体験してみませんか。

  • 実施期間 10月6日(土曜日)~8日(月曜日・体育の日)【2泊3日】 
  • 実施場所 栗原市花山地区内
  • 宿泊場所 花山旅行村コテージ、栗原市移住体験住宅(花山地区内) 
  • 参加対象 地方移住をご検討されているご家族
  • 申込期限 9月21日(金曜日) ※定員になりしだい締め切りとなります。

 ※行程表、負担金など、詳しい内容については、一社)はなやまネットワーク事務局にお問い合わせください。 電話 0228-43-5111 メールアドレス furusato@piano.ocn.ne.jp

 花山地区における移住・定住の取組み

くりはらIju・Tjuニューズレター

 花山地区においては、人口減少に比例し空き家も増加傾向にあります。
 しかし、考え方を少し変えれば、この空き家も新たな移住希望者を受け入れる地域資源になるのではないか。そんな思いから、小さな拠点プロジェクトの新たな取組みとして、空き家の利活用に向けた実態調査を行っています。
 この実態調査の結果を踏まえつつ、市が開設する空き家バンク制度と連動した花山地区オリジナルの仕組みづくりを進めていこうと考えています。
 また、花山地区には移住体験住宅があります。田舎暮らしをお考えの方は、市の移住体験事業を活用していただき、ぜひ一度、花山の風土や生活を体験してみてください。

 栗原市移住生活体験事業 ページに移動する

 花山地区のプロジェクトを含めた市の移住・定住の取組みなどについては、次のファイルをダウンロードの上、ご覧ください。

タイトル ファイル名 コメント
くりはらIju・Tjuニューズレター【No.1】 newsletter2017-05.pdf [1393KB pdfファイル] A4判
4ページ
くりはらIju・Tjuニューズレター【No.2】 newsletter2017-07.pdf [1677KB pdfファイル] A4判
4ページ
くりはらIju・Tjuニューズレター【No.3】 newsletter2017-08.pdf [4544KB pdfファイル] A4判
4ページ
くりはらIju・Tjuニューズレター【No.4】 newsletter2017-10.pdf [1154KB pdfファイル] A4判
4ページ
くりはらIju・Tjuニューズレター【No.5】 newsletter2017-12.pdf [1056KB pdfファイル] A4判
4ページ
くりはらIju・Tjuニューズレター【No.6】 newsletter2018-03.pdf [1720KB pdfファイル] A4判
4ページ
くりはらIju・Tjuニューズレター【No.7】 newsletter2018-04.pdf [1837KB pdfファイル] A4判
4ページ
くりはらIju・Tjuニューズレター【No.8】 newsletter2018-06.pdf [1871KB pdfファイル] A4判
4ページ
くりはらIju・Tjuニューズレター【No.9】 newsletter2018-08.pdf [1901KB pdfファイル] A4判
4ページ