受賞作品を、原文のまま掲載します。また、編集の都合上、すべて横書きにしています。
※敬称略

原文はこちら

私が4歳と5ヶ月の時妹が生まれた
私はとってもうれしかったけど
とっても大きな変化があった
私が今まで座っていたママのとなりは
妹の席になったんだ
いつ決まったのか 誰が決めたのか
知らないうちにそこは妹の指定席になった

席だけじゃない
妹のよちよち歩きが始まって
ママと手をつなぐのは
いつも決まって妹になった
ママの手は妹につながって
妹の手は私につながる
私の手が前にでたら
ママの手は後ろにさがる
私の手が後ろへ追いかけたら
ママの手は前へ逃げる
それでも私から妹へ 妹からママへ
つながっている手で
『私はここにいるよ』って伝えたくて
ぎゅっとにぎってみたら
「きゃっ」って妹が声をあげて
つながっていた手は私で切れた

だから私は考えた
疲れたママの肩を揉もう
小さい妹とママのとなりを争うよりも
私のこの両方の手で
いっぱいいっぱいママをつかんで
『私はここにいるよ』って伝える
ママは後ろを振り向いて
「ありがとうね」って微笑む

小学生になった妹は
最近ママの肩を揉みたがる
でも必ず後でこっそりと
「お姉ちゃんの方が気持ちいいね」って
ママが耳打ちしてくれるから
私の指定席は今ちゃんとここにある