受賞作品を、原文のまま掲載します。また、編集の都合上、すべて横書きにしています。
※敬称略

原文はこちら

わたしのめのまえにいる
いっぴきのちいさな「蜘蛛」
まだみじゅくなあいつは
すのつくりかたをしらない

わたしのめのまえにいる
いっぴきのちいさな「蜘蛛」
なにもわからないあいつは
えさをとることさえできない

わたしのめのまえにいる
いっぴきのちいさな「私」
なにもしらないあいつは
いっぴきでいることしかしらない

わたしのめのまえにいる
いっぴきのおおきな「蜘蛛」
みんなにあいされたあいつは
いとがふとくてかがやいて
あったときよりつよくなってた

わたしのめのまえにいる
いっぴきの「私」も
あいつみたいにおおきくなった
ほそくきれそうないっぽんのいとを
みんなのいっぽんいっぽんとあわせて
とてもつよくぜったいにきれない

わたしのめのまえにいる
おおきな「蜘蛛」と「私」
あいつらはまだまだつよくなる