受賞作品を、原文のまま掲載します。また、編集の都合上、すべて横書きにしています。
※敬称略

原文はこちら

あさ、いつものようにめがさめた。
まどに朝日がひかっていた。
(きょうは、みくるがもちをしょう日だ。)
なんだかわくわくしてきて
タオルケットをぱっとはらいのけた。

しかくいベットの中で
おとなしくじゃんこしているみくる。
「おめでとう 一さいになったね。」
とほっぺたをむにゅむにゅとやった。
みくるは、にこにこっとわらって
手と足をばたばたっとした。
からだぜんぶでよろこぶ
みくるのうれしいよポーズがでた。

よるになった。
いよいよ、みくるがもちをしょう。
あかと白のまあるいもちは
ぴいちゃんがついたもち。
げんきに大きくなりますようにって
ねがいをこめたもち。
ばあばが、ふろしきにつつんだもちを
みくるはしょった。
おどろいたかおして
ぼうっとしている。
ばあばがおもちをささえて
パパがみくるの手をとった。
みくるは、あるきだす。
一歩、二歩、三歩・・・
とちゅうで、パパはみくるをころばした。
(えっ、どうして。)
でも みくるはまけない。
りょう手をついてふんばって
けんめいにたちあがろうとしている。

かぞくみんなのはく手で
はじめの一歩をふみだしたいもうと。
もちをしょったきょうの日をわすれないよ。