白鳥省吾賞の紹介

写真:第1回白鳥省吾賞の賞状

 白鳥省吾は、明治23年に宮城県栗原市(旧築館町)に生まれ旧制築館中学校(築館高等学校)から早稲田大学に入り、本格的な文芸活動をはじめ、アメリカの詩人ホイットマンに傾倒し、民主主義的、人道主義的な思想性を深め、民衆詩派の代表的詩人として、詩壇に一時代を画しました。

 栗原市(くりはらし)では、これらの功績を顕彰するため、白鳥省吾賞を制定し、口語自由詩で優れた作品に「白鳥省吾賞」を贈っています。
 この賞は、栗原市が誕生する以前の旧築館町が白鳥省吾の功績を顕彰するため、平成11年度に制定しました。
写真:第1回白鳥省吾賞表彰式の次第  農民の魂をもって民衆詩を謳(うた)いあげた民衆詩派詩人 白鳥省吾が愛した、「自然、人間愛」をテーマに自由詩を募集をしています。
 毎年、国内はもとより海外からの応募もあり、この賞を機に詩や文学を志す方々が現れるかもしれません。

 作品の募集期間は、毎年7月1日から10月31日まで。公正な審査を経て、募集した翌年の2月に表彰式を行っています。

白鳥省吾賞の募集内容や結果、審査員を確認する

次のリンクをクリックすると、それぞれのページへ移動します。

 第19回白鳥省吾賞の結果 

 第18回白鳥省吾賞の結果

 第17回白鳥省吾賞の結果

 第16回白鳥省吾賞の結果

 第15回白鳥省吾賞の結果

 審査員の紹介