剣豪・千葉 周作ゆかりの家

写真:孤雲屋敷

 孤雲屋敷(こうんやしき)は、花山村字草木沢小田に所在した旧佐藤家住宅を移築したものです。七代目当主の重太郎は、この地で生まれ育ち、後に江戸で最大の道場を持った幕末の剣豪、千葉 周作の剣士としての天分を認めた人といわれています。

 この建物は、桁行20.37メートル(10.5間)、梁間11.64メートル(6間)の木造平屋建て、片入母屋造、茅葺型銅版葺(元は茅葺)で、開口部、間仕切りに柱が1間(けん)ごとに建ち、開口部には古式の三本溝の鴨居、敷居が用いられ、内雨戸で座敷周りには濡れ縁が設けられています。
 建築年代は不明ですが、その平面形状、柱間寸法、架構手法などからみて、約230年前後を経た古民家で、この地方の上層民家の特徴を伝えた大型民家の典型的遺構と考えられています。

  • 種別 栗原市指定有形文化財 平成5年12月1日指定 ※指定時は、花山村
  • 開館時間 午前9時から午後4時
  • 休館日 毎週月曜日から水曜日(祝日を除く)、12月1日から3月31日
  • 観覧料 一般200円(団体160円)、小中学生、高校生100円(団体80円)※団体は20名以上
  • 交通アクセス 東北自動車道築館インターチェンジから自動車で約25分
           JR東日本くりこま高原駅から自動車で約30分
  • 電話番号 0228-56-2656

 「栗原市わが街ガイド」で地図を表示

施設の詳細などは、狐雲屋敷のホームページより確認できます。
剣豪千葉周作ゆかりの家 狐雲屋敷 のホームページを開く(外部リンク)