仙台藩花山村寒湯番所跡(国指定史跡)

画像:寒湯番所跡 門

 寒湯番所は秋田県雄勝郡に通じる花山越えの秋田口の関所で、「仙台藩仙北御境目寒湯番所」と言われていました。御境目番所となったのは、伊達政宗公が岩出山入りしたあとの慶長年代からで、200余年間、往来する人と荷物の検問を行っていました。安政の初期に改築した、四脚門と役宅が現存しています。
 門は伊達家の紋を配し、釘を使わずくさび止めした総ケヤキ造りの建物です。役宅に入って天井を見上げると、吹き抜けの太くたくましい梁のスクラムに、目を奪われます。柱の上のかまど神、釜男の面が往時の様々な出来事を語っているかのようです。昭和38年9月に史跡として国の指定を受けました。

  • 開館時間 午前9時から午後4時30分 画像:役宅
  • 開館日 4月1日から11月末まで
  • 観覧料 ※団体は20名以上
    • 一般200円(団体160円)
    • 小中学生・高校生100円(団体80円) 
  • 交通アクセス
    • 東北自動車道築館インターチェンジから自動車で約45分
    • JR東日本くりこま高原駅から自動車で約50分
  • 電話番号 0228-56-2040(花山温泉温湯山荘)

 「栗原市わが街ガイド」で地図を表示