糠塚遺跡

画像:糖塚遺跡 竪穴住居

 糠塚遺跡は、昭和47年秋、農地の区画整理中に発見され、宮城県教育委員会が緊急で調査しました。その結果、30軒の竪穴住居跡と多数の遺物が出土し、奈良・平安時代の大きな集落であることがわかりました。
 主な出土品は、土師器・須恵器などの土器類です。そのほか、布を織るための糸をつむぐ紡錘車、土を掘り起こす鉄製の鋤先、鉄製の刃などがありました。このことから、当時住んでいた人々は土地を開発し、農業に従事していたと考えられます。また、糠塚遺跡の西方約5キロメートルに伊治城跡があることから、この城の造営や工事などに関わっていたかもしれません。
 現在の竪穴住居は、昭和59年に復元しました。

  • 種別 栗原市指定史跡 昭和59年3月27日指定
       ※指定時は志波姫町指定
  • 交通アクセス JR東日本くりこま高原駅から自動車で5分

 「栗原市わが街ガイド」で地図を表示