世界谷地原生花園 ※現在、湿原木道工事中のため一部立ち入り制限あり

画像:世界谷地原生花園

高山植物の宝庫 世界谷地原生花園

 世界谷地とは広い湿原という意味です。
 標高1,626メートルの栗駒山の標高669から707メートル地帯に広がる細長い湿原で、面積は14.34ヘクタール。栗駒山の緩やかな南斜面、標高1,154.9メートルの大地森と標高869.4メートルの揚石山の間にあります。
画像:ニッコウキスゲ 世界谷地原生花園は、上・中・下の3段に分かれて広がる4つのグループ、大小8つの湿原からなり、その間を幅50メートルものブナの原生林が横断しています。この湿原は、深さ1.3メートルの泥炭層の上をミズゴケ類の厚い層が覆っていて、その表面に高山植物が群生しています。

 世界谷地原生花園では、5月のミズバショウから9月のエゾオヤマリンドウまで、数多くの花々が咲きます。
 特に6月下旬に咲くニッコウキスゲの大群生は全国的に有名です。湿原がオレンジ色の花に覆われ、美しい風景が見られます。

 ※現在、施工されている木道工事に関する問い合わせ先

  宮城県経済商工観光部観光課 公園管理班 電話 022-211-2821

 「栗駒山」のページに移動する

施設情報

  • 駐車場から湿原までの距離
    • 第一湿原まで約0.5キロメートル(徒歩で約15分)
      ※木道工事中のため一部立ち入り制限あり(2017年(平成29年)9月29日まで予定)
    • 第二湿原まで約1.2キロメートル(徒歩で約25分)
      ※木道工事中のため全面立ち入り禁止(2017年(平成29年)11月30日まで予定)
  • 駐車場
    • 普通駐車場 60台程度
    • 大型バス駐車場 10台程度
  • トイレ あり
  • 入園料 無料
  • 冬期 降雪、路面凍結のため閉園
  • 交通アクセス
    • JR東日本くりこま高原駅から自動車で約1時間10分
    • 東北自動車道若柳金成インターチェンジから自動車で約50分

「栗原市わが街ガイド」で地図を表示

世界谷地原生花園の花ごよみ

  • 5月から6月
    ショウジョウバカマ、チゴユリ、コバイケソウ
  • 5月から7月
    ミズバショウ、ミツガシワ、ワタスゲ、ウラジロヨウラク
  • 6月
    ムラサキヤシオ
  • 6月から7月
    ニッコウキスゲ、タテヤマリンドウ、サラサドウダン、レンゲツツジ 
  • 7月
    サワラン、ツルコケモモ、トキソウ
  • 7月から9月
    シロヤツボ、キンコウカ、イワショウブ、ウメバチソウ
  • 8月
    ミズギク
  • 8月から9月
    サワギキョウ、イワショウブ、エゾオヤマリンドウ、コバキボウシ
画像:レンゲツツジ
画像:タテヤマリンドウ

世界谷地原生花園 花図鑑

 5月の花

 6月の花

 7月の花

 8月の花

 9月の花

2017年(平成29年)5月29日(月曜日)の様子

世界谷地原生花園駐車場置き看板

 世界谷地原生花園駐車場置き看板

第一湿原立ち入り制限の様子(立ち入り制限区間は、工事の進捗状況により日々変更あり)

 第一湿原立ち入り制限の様子