受賞作品を、原文のまま掲載します。
 本文に読みがなを〔 〕書きで添え、編集の都合上、すべて横書きにしています。
 ※ 敬称略

原文はこちら

点を二つとる

線を引き、円を書く、

すこし大きな円を二つ。

2つの円の交わりをつなげる。

すると世界が広がる

しかし、まだなにも見えない。

一つ一つの点がはなれているからだ。

そこで、小さな円を二つ

交わりをつなげると、間に点ができる。

何回かくりかえすと、空の空間ができる。

その中から、点をえらぶ。

すると、それらは集まりはじまる。

しばらくおいてみよう。

そしてのぞいてみよう。

中には星があり、

きらきらしていてきれいだ

青い星がある、

人々が生きている。

どうやらかれらはあなたを見ることはできな

いようだが、

あなたはかれらを見ることができる。

その中に一人、紙になにかを書いている

たくさんの点、線、円。

そのかおを見てみよう。

みおぼえがある。

紙の中の紙の中はどんどんこまかくなり、

その人は紙の中をのぞきに行く。

その人は何をみているのだろうか。

世界をみているのだろうか。

それとも、

あなたをみているのだろうか