貨物駅プラットフォーム跡

くりでんの終着駅

写真:貨物駅プラットフォーム跡

 1942年(昭和17年)に建設。くりはら田園鉄道(当時の栗原電鉄)の終着駅で、鉱石や製品、コークスなどが積みおろしされていた。
 当時の工場内には、多くの側線が引かれ、製品・原料ごとに仕分けされた数十台の貨車が並び、大勢の作業者が勤務していました。
 現在は、側線の一部が残っていて、プラットフォームは倉庫として使用されています。

 「栗原市わが街ガイド」で地図を表示