受賞作品を、原文のまま掲載します。
 本文に読みがなを〔 〕書きで添え、編集の都合上、すべて横書きにしています。
 ※ 敬称略

原文はこちら

「しようがない」
それが私の呪文の言葉
唱えれば楽になる
諦めをうながす
すばらしく便利な言葉

ついこのあいだ返ってきた
テスト用紙に
あざやかな赤い数字
前より小さくみじめに見えた
「だってさ、だってね、
 しようがないんだよ。」

私の中に生まれた動揺を
呪文一つで
押さえつけた
「だってさ、だってね、
 しようがないんだよ、
 私がなにもしなかったんだから。」

だけど
そんな言葉を唱えているうちに
むしょうに腹が立ってきた
取れなかった点数に対して
努力しなかった私に対して
私に勝ったあの子をうらやむ私に対して

いつも唱えてきた呪文の言葉の
便利さに気が付いて
怖くなった
その便利さに

そうだ
呪文の言葉を変えればいい
何にしようか
そうだ新しく
自分を励ます「呪文の言葉」を創り出すんだ