第8回栗原市観光写真コンクール審査結果

審査日

 平成28年2月1日(月曜日)

審査員

宮城大学事業構想学部 教授 宮原 育子 氏
 11年間の旅行会社勤務後、社会人で明治大学入学。以降、東京学芸大学大学院、東京大学大学院で地理学を学び、平成9年から宮城大学事業構想学部に着任。平成13年からは宮城大学大学院事業構想学研究科で地域資源論と地域交流事業を担当し、学生たちと地域の資源を生かした観光振興のあり方を中心に研究している。

写真家 曽根田 慶一 氏
 栗原市在住、タウン情報誌のカメラマンとして勤務。世界2大自然写真コンテストのひとつ「ネイチャーズ・ベスト・フォトグラフィー・ウインドランド・スミス・ライス・アワード2012」の風景部門において「HIGHLY HONORED WINNER」受賞。「2013みやぎふるさとCM大賞」では、制作に携わった『空の散歩にでかけよう』が最高賞の「KHB大賞」を受賞。

応募作品

 121 点

入賞作品紹介 

最優秀賞 1点

画像:最優秀賞「夜の迫川」

「夜の迫川」
伊藤 利喜雄 さん(岩手県一関市)

優秀賞 2点

 

優秀賞「ふけゆく秋に」

「ふけゆく秋に」
星 賢二 さん(登米市)

画像:優秀賞「何かをみつけたのかな」

「何かをみつけたのかな」
天童 重明 さん(栗原市)

佳作 5点

画像:佳作「火まつりに踊る」

「火まつりに踊る」
佐藤 善治 さん(石巻市)

画像:佳作「舞踏会」

「舞踏会」
渡辺 孝男 さん(仙台市)

画像:佳作「栗原のメルヘン」

「栗原のメルヘン」
天童 ひで子 さん(栗原市)

画像:佳作「狩り場」

「狩り場」
星 賢二 さん(登米市)

画像:「静寂の中を」

「静寂の中を」
渡辺 孝男 さん(仙台市)

 

富士フィルムテクノサービス賞 1点

画像:富士フィルムテクノサービス賞「願いごと」

「願いごと」
足利 義信 さん(岩手県一関市)

講評

宮城大学事業構想学部 教授 宮原 育子 氏
 今年の応募作品は、定番の伊豆沼や栗駒山をテーマにしたものでも構図が例年とは違う作品が多く見られました。
 今回、最優秀賞を受賞した作品も白鳥が眠っているという、例年であれば、飛んでいる構図や、これから飛び立つといった構図が多かったのですが、今年は生き物の別の時間を上手にとらえた作品が多く、また、子どもたちのかわいい風景が生き生きと撮影されていたことが印象的でした。
 また、浅布渓谷は毎年いい作品が応募され栗原の撮影スポットとして定着しているように感じました。
 今回の応募作品は四季それぞれの色彩が非常によく、いろいろなテーマが美しく撮影されており、今年も審査を楽しませていただきました。

写真家 曽根田 慶一 氏
  第8回目となる写真コンクールですが、年々写真の精度が非常に高くなってきており、芸術性の高い作品が多かったように感じました。
 今回、入選されなかった作品も、構図などの面ですばらしいところもありました。もう少しだけ、例えば三脚を使ってみるなどして、写真の精度を上げることにより、十分に入選できる作品が多かったように思います。
 多少残念だったのは、今、登山ブームであるにもかかわらず、栗駒山登山の写真や栗駒山の景観が少なかったことです。
 栗原はたくさんの自然や子供たちと触れ合う機会の多い温かい町なので、そのような写真をもっと応募していただければいいなと思いました。

発表・表彰式

  • 発表
    2016年(平成28年)2月中に入賞者へ直接通知するほか、3月1日(火曜日)発行『広報くりはら』及び栗原市公式ウェブサイトへ掲載、報道機関への情報提供などで周知します
  • 表彰式
    2016年(平成28年)2月27日(土曜日)に表彰式を行います 

応募・問い合わせ先

 栗原市産業経済部田園観光課(下の問い合わせ先)