栗原の食文化「餅」

 餅は、年中行事や冠婚葬祭、農作業の始めや終わり、お客様へのもてなしなど「ハレの日」に食べられてきました。
 江戸時代、余剰米も買い上げる伊達藩の「買米制」という厳しい暮らしの中で、農村の人々の知恵と工夫から生まれたのが「ハレの日」の「餅」です。
 神様への「お供え餅」が考えられ、粗末にしたらバチが当たるからと、お下がりの餅を食べました。さらに、家庭の祝い事や仏事などを「だし」にしては餅を食べ、厳しい労働の中の楽しみとしていたのです。
 餅料理は、50種類以上もあるといわれ、お正月ともなると、一度に数種類の餅料理が食卓へ並びます。昭和30年ころの調査では、年に70回も食べるところがあったそうです。
 自然の恵みを生かし、知恵と工夫が生み出した多彩な餅料理は、米どころ栗原の一番のごちそうです。

 あんこ餅 ごま餅 くるみ餅 ずんだ餅 じゅうね餅 えび餅 ふすべ餅 しょうが餅 納豆餅 雑煮餅

 「地元食の本」の紹介

料理の中で、一番初めに食べる「あんこ餅」

画像:あんこ餅

 小豆は、色が赤いことから、「めでたい」ということと「魔除け」の力を持つといわれ、様々な行事で赤飯やあんこ餅に使われる、郷土食の一つです。

緑色が鮮やかな「ずんだ餅」

画像:ずんだ餅

 青ばた豆(枝豆)をすりつぶし、白餅にからめたもので、お盆のお供えには欠かすことのできない季節料理です。

こっくりとした濃厚な味の「ごま餅」

画像:ごま餅

 ごまは、油を搾ったり、実を煎って料理に使ったりするため、昭和の初めまでは多くの家で自家用に栽培されていました。

なめらかな食感の「くるみ餅」

画像:くるみ餅

 クルミは里山、河川のほとり、イグネ(屋敷林)など、いたるところに自生しています。秋になると落ちた実を拾い、乾燥させ、一年中を通して餅料理や和え物などに使います。

香ばしくこってりとした味の「じゅうね餅」

画像:じゅうね餅

 じゅうねはエゴマのこと。炒ってから、油が出るまで丁寧にすると、口当たりのがよいこってりとした味になります。

紅白で見た目に美しい「えび餅」

画像:えび餅

 ゆでた沼えびを白餅にからめたもので、栗原の特徴的な餅料理です。お正月のほか、お客様のもてなしやお祝いの席でも必ずといっていいほど食べられます。

ゴボウの香りの「ふすべ餅」

画像:ふすべ餅

 「ふすべる」は物を燃やす・いぶすなどの意味で、焼いたドジョウとすりおろしたゴボウを入れるのがもともとの作り方です。現在では、鶏ひき肉で代用されています。

 食欲をそそる香りの「しょうが餅」

画像:しょうが餅

 すりおろしたショウガとしょう油を白餅にからめるだけのしょうが餅です。甘い餅料理が多い中で、辛党向きの餅料理です。

独特な香りと素朴な味の「納豆餅」

画像:納豆餅

 祝いの席はもちろんのこと、日常的に食べられている餅料理です。昔は、12月25日に、お正月用の納豆を作る「納豆ねせ」という年中行事がありました。

土地の食材を生かした「雑煮餅」

画像:雑煮餅

 雑煮の出汁は家庭によって様々で、鶏やキジ、川魚のハヤなどのほか、三陸地方から佐沼街道などを通って栗原に運ばれてきたホヤを使う家庭もあります。具は、大根や人参、ゴボウ、凍み豆腐、ズイキ(芋がら)、セリなど土地の食材がふんだんに使われています。

 あんこ餅 ごま餅 くるみ餅 ずんだ餅 じゅうね餅 えび餅 ふすべ餅 しょうが餅 納豆餅 雑煮餅

 「地元食の本」の紹介 

「地元食の本」の紹介

 餅料理をはじめとする、古くから栗原に伝わる郷土料理や行事食に加え、季節の食材を使った煮物や和え物などや、普段の暮らしの中で食卓にあがる料理を紹介した冊子の、PDFファイルを掲載。
 くりはらツーリズムハンドブック「地元食の本」 のページ