広報くりはら別冊 平成27年9月関東・東北豪雨 被災者支援のお知らせ(平成27年10月16日発行)

画像:平成27年9月関東・東北豪雨 被災者支援のお知らせ表紙 広報くりはら別冊「平成27年9月関東・東北豪雨 被災者支援のお知らせ」を発行しました。
 この冊子は、1日も早く生活を再建できることを願い、先にお知らせしていた6つの支援策に加え、各種支援制度などをまとめたものです。

【もくじ】

  • 支援制度連絡先一覧(市役所)
  • 「り災証明書」について・「被災証明書」について
  • 被災者支援策について
    1. 経済・生活面の支援
    2. 住まいの確保・再建のための支援
    3. 農林漁業者・中小企業者等への支援
    4. その他の支援

支援内容について、詳しくは次のリンク先で確認してください。
広報くりはら別冊 平成27年9月関東・東北豪雨 被災者支援のお知らせ(平成27年10月16日発行)のページへ移動

台風18号等による被災者支援のお知らせ【第1報】

画像:台風18号等による大雨災害関連【第1報】イメージ

 このたびの台風18号等による大雨災害により被災された皆さまには、心からお見舞い申し上げます。

 市では現在、国県の制度を活用しながら、市の支援を取りまとめ、税金や保険料等の減免・猶予などについて検討しております。今後、支援事業が拡充された場合には、その都度お知らせします。

  現在の支援内容について、詳しくは以下のファイルで確認できるほか、次のリンク先をクリックするとページ内の各項目へ移動します。

タイトル ファイル名 コメント
被災者支援のお知らせ typhoon18support01.pdf [477KB pdfファイル] A4判 2ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

り災証明書

 り災証明書は、被災者からの申請により、市が住家(実際に居住に用いられている建物)の被害状況を内閣府の災害に係る 住家の被害認定基準運用指針に基づき調査を行い、「全壊」「大規模半壊」「半壊」「半壊に至らない」の4つに区分した証明書です。住宅の応急修理など、各種支援の基準となるものです。

 交付を希望される方は、り災証明書の発行前に被害状況の調査を行うこととなりますので、まだ被害状況調査が済んでいない方は、速やかに税務課固定資産税係まで連絡願います。

  • 発行開始:平成27年9月28日(月曜日)から
  • 受付時間:平日の午前8時30分から午後5時15分
  • 申請先:各総合支所市民サービス課
  • 申請方法:各総合支所市民サービス課窓口に備え付けの「り災証明申請書」に必要事項を記入のうえ、必要書類を添えて申請してください。
  • 手数料:無料
  • 申請時に必要なもの:次の2つのうち、いずれか
    1. 被害状況がわかる写真
    2. 被害状況がわかる関係書類(修理に伴う見積書・領収書など)
      ※申請時には運転免許証などの身分証明書を持参願います。
      ※既に固定資産税の減免のための調査が終了している方につきましては、り災証明書発行のための調査や申請時の添付書類は不要です。
      ※今回の大雨災害で浸水被害以外の土砂・立木の倒木で、住家に被害を受けた方も、り災証明書の交付対象になりますので 、税務課固定資産税係まで連絡願います。
水害に係る住家の被害認定基準運用指針

 次の基準は、内閣府の被害認定基準より抜粋したものです。
 ※り災証明書の調査・判定内容(住家に限る)

被害の状況 被害判定区分
住家流出又は1階天井まで浸水(浸水深の最も浅い部分で測定) 全壊
床上1メートルまで浸水(浸水深の最も浅い部分で測定) 大規模半壊
床上浸水(浸水深の最も浅い部分で測定) 半壊
床下浸水(浸水深の最も浅い部分で測定) 半壊に至らない
問い合わせ先
総務部総務課
〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号 【市役所2階】 [地図を表示]
電話:0228-22-1122  ファクス:0228-22-0312  メールアドレス:somu@kuriharacity.jp

半壊以上の住宅修理

 り災証明書で半壊以上の被害と判定された住宅について、市が指定業者に依頼して、居室、台所、便所など日常生活に欠く ことのできない所を修理します。
 ※家電製品は対象外です。

  • 対象世帯:半壊、大規模半壊の被害を受けた住宅
    ※半壊の場合、世帯全体の収入額による所得制限があります。
  • 対象期間:平成27年10月9日(金曜日)までに修理が完了するもの
  • 申請期限:平成27年10月5日(月曜日)まで
  • 限度額 1世帯あたり56万7千円
    ※実施に当たっては、必ず事前にご相談ください。

 詳しい内容については、次のページをご確認ください。
 住宅の応急修理制度のお知らせページに移動する。

問い合わせ先
建設部建築住宅課
〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号 【市役所3階】 [地図を表示]
電話:0228-22-1153  ファクス:0228-22-0313  メールアドレス:jutaku@kuriharacity.jp

災害見舞金

 損害などの程度に応じて、見舞金を支給します。

  • 対象となる方:り災証明書の程度により
    1. 居住する住宅が損壊した世帯
      全壊・大規模半壊・半壊に区分されます。
    2. 亡くなられた方の遺族
    3. 30日以上の入院をした方またはその家族
  • 支給額:
    全壊 1世帯につき 10万円
    大規模半壊 1世帯につき 5万円
    半壊 1世帯につき 3万円
    死亡 1人につき 30万円
    負傷者 1人につき(30日以上の入院加療の場合) 5万円
  • 申請に必要なもの:大雨災害を起因とした傷病で、30日以上の入院期間を確認できる書類、同意書
  • 申請期限:随時受付します。
  • 問い合わせ先:各総合支所市民サービス課
    築館:22-1111 若柳:32-2121 栗駒:45-2111 高清水:58-2111 一迫:52-2111
    瀬峰:38-2111 鶯沢:55-2111 金成:42-1111 志波姫:25-3111 花山:56-2111
問い合わせ先
市民生活部社会福祉課
〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師1丁目7番1号 【市役所1階】 [地図を表示]
電話:0228-22-1340  ファクス:0228-22-0340  メールアドレス:shakaifukushi@kuriharacity.jp

災害障害見舞金

 大雨災害を起因として、次のような重度の障害を受けた方に見舞金を支給します。

  • 対象となる障害の程度
    1. 両眼が失明した方
    2. 咀嚼及び言語の機能を廃した方
    3. 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要する方
    4. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要する方
    5. 両上肢をひじ関節以上で失った方
    6. 両上肢の用を全廃した方
    7. 両下肢をひざ関節以上で失った方
    8. 両下肢の用を全廃した方
    9. 精神または身体の障害が重複する場合における当該重複する障害の程度が前各号と同程度以上と認められる方
  • 支給額
    • 世帯の生計維持者の場合:250万円
    • その他の場合:125万円
  • 申請に必要なもの:医師の診断書(指定様式あり)、被災証明書
  • 申出期限:平成27年12月28日(月曜日)まで
  • 問い合わせ先:各総合支所市民サービス課
    築館:22-1111 若柳:32-2121 栗駒:45-2111 高清水:58-2111 一迫:52-2111
    瀬峰:38-2111 鶯沢:55-2111 金成:42-1111 志波姫:25-3111 花山:56-2111
問い合わせ先
市民生活部社会福祉課
〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師1丁目7番1号 【市役所1階】 [地図を表示]
電話:0228-22-1340  ファクス:0228-22-0340  メールアドレス:shakaifukushi@kuriharacity.jp

災害弔慰金

 大雨災害を起因として、亡くなられた方の遺族に対し、弔慰金を支給します。

  • 受給遺族:配偶者、子、父母、孫、祖父母
  • 支給額
    • 受給される遺族の世帯の生計維持者の場合:500万円
    • その他の場合:250万円
  • 申出期限:平成27年12月28日(月曜日)まで
  • 問い合わせ先:各総合支所市民サービス課
    築館:22-1111 若柳:32-2121 栗駒:45-2111 高清水:58-2111 一迫:52-2111
    瀬峰:38-2111 鶯沢:55-2111 金成:42-1111 志波姫:25-3111 花山:56-2111
問い合わせ先
市民生活部社会福祉課
〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師1丁目7番1号 【市役所1階】 [地図を表示]
電話:0228-22-1340  ファクス:0228-22-0340  メールアドレス:shakaifukushi@kuriharacity.jp

災害援護資金貸付

 災害弔慰金の支給等に関する法律により、大雨災害で世帯主が全治1か月以上の重傷を負ったときや住居や家財に大きな被 害を受けた場合において、生活の立て直しのため災害援護資金の貸付を受けられる制度です。

  • 対象となる方は大雨災害により
    1. 世帯主が負傷し、その療養に要する期間が1か月以上の世帯
    2. 住居または家財の3分の1以上の損害
  • 申請期限:平成27年12月28日(月曜日)まで
  • 貸付限度額
    • 世帯主に1か月以上の負傷がある場合
      1. 負傷のみ:150万円
      2. 家財の被害が3分の1以上:250万円
      3. 住居の半壊・大規模半壊:270万円
      4. 住居の全壊:350万円
    • 世帯主の1か月以上の負傷がない場合
      1. 家財の被害が3分の1以上:150万円
      2. 住居の半壊・大規模半壊:170万円
      3. 住居の全壊:250万円
      4. 住居の全体が滅失もしくは流失:350万円
  • 利率:3%
  • 返済期間:3年間据置後、7年間で償還。年賦、または半年賦により償還。
  • 申請に必要なもの:災害援護資金借入申込書、医師の診断書(負傷の場合のみ)、課税状況等の調査同意書、り災証明書、印鑑
  • 問い合わせ先:各総合支所市民サービス課
    築館:22-1111 若柳:32-2121 栗駒:45-2111 高清水:58-2111 一迫:52-2111
    瀬峰:38-2111 鶯沢:55-2111 金成:42-1111 志波姫:25-3111 花山:56-2111
問い合わせ先
市民生活部社会福祉課
〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師1丁目7番1号 【市役所1階】 [地図を表示]
電話:0228-22-1340  ファクス:0228-22-0340  メールアドレス:shakaifukushi@kuriharacity.jp