消防団とは

 非常備の消防機関で、消防団員は特別職の地方公務員です。普段は本業を持つ市民の方が、火災発生時には消火活動を行い、風水害・震災など大規模災害時には救出活動、警戒巡視、避難誘導等の活動を行います。
 また、平常時には訓練のほか、火災予防活動、応急手当普及活動、広報活動などを行っており、地域防災の中核として消防力・防災力の向上や地域コミュニティの活性化などに貢献しております。

 『大切な人、大切なまちを守りたい。』

 消防団は市民の生命や財産を守る重要な役割を担っております。

消防団の活動風景

画像:行方不明者捜索 画像:消防出初式での祝賀放水
行方不明者捜索 消防出初式での祝賀放水
画像:女性消防団員による防火防災寸劇 画像:応急手当普及活動
女性消防団員による防火防災寸劇 応急手当普及活動

消防団員の処遇

 消防団に入団すると下記などの処遇があります。

年報酬(消防団員に任命された方に支給されます)

職名 年間の報酬金額
団長 161,300円
副団長及び地区団長 129,500円
本部長及び地区副団長 72,400円
分団長 61,100円
副本部長及び副分団長 49,700円
部長 45,200円
班長 39,200円
団員 17,700円

出場手当(災害や訓練等の消防団活動に出場した場合に支給されます)

種類 支給額
災害出場 1回につき 4,000円
警戒等出場 1回につき 4,000円
訓練 訓練に従事した時間が4時間を超える場合 1日につき5,000円
訓練に従事した時間が4時間以内の場合 1日につき2,500円
捜索出場 捜索出場し、業務に従事した時間が4時間を超える場合 1日につき5,000円
捜索出場し、業務に従事した時間が4時間以内の場合 1日につき2,500円
幹部会・会議 1回につき 1,500円
その他出場
(防火警ら、予防査察等)
1回につき 2,000円

退職報償金(消防団に5年以上在職した方に支給されます)

 例)200,000円から

 ※在職年数、階級により支給額が決定されます。

公務災害補償

 消防団活動に伴う怪我や病気などに対して、療養補償や休業補償などの様々な補償があります。

貸与品

 消防団活動に必要な物が団員に貸与されます。

 例)法被、活動服、ヘルメット、防火手袋、編上靴、防寒衣など

表彰制度

 消防団員に対して、勤続年数や功績に応じて消防庁長官、県知事、市長などから各種表彰が授与されます。

消防団への入退団について

 市内に居住する18歳以上の健康な方なら性別や職業(勤労者、学生)は問わず、どなたでも入団できます。
 地域の安心・安全のため、あなたのチカラをお待ちしております。

 ※入団を希望する場合は、お住まいの地区の総合支所市民サービス課、又は消防本部総務課にお問い合わせください。

タイトル ファイル名 コメント
栗原市消防団入団届
(宣誓書含み)
shobodan_nyudan.pdf [144KB pdfファイル] A4判 1ページ
栗原市消防団退団願 shobodan_taidan.pdf [59KB pdfファイル] A4判 1ページ
退職所得の受給に関する申告書 shotokushinkoku.pdf [264KB pdfファイル]  退職報償金請求様式
A4判 1ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

各総合支所の電話番号

 総合支所の電話番号