住宅用火災警報器は、住宅の火災を早期に発見し、住宅内にいる人に知らせることのできる信頼性の高い機器です。
 栗原市では、新築住宅は平成18年6月1日から、また、既存住宅は平成20年6月1日から設置が義務付けられています。

 住宅用火災警報器設置義務化(新築住宅)から、平成28年6月で10年になります。
 交換の目安が10年となっておりますので、設置時期を確認し交換しましょう。

住宅用火災警報器の設置場所

 子供部屋や高齢者の居室と、就寝に使われている部屋には取り付けましょう。

  • 台所・寝室・階段への取り付けは義務付けられています。(寝室が2階以上にある場合は階段の上部)
  • 居室への取付けもおすすめします。

画像:住宅用火災警報器の設置場所

住宅用火災警報器の取り付け位置

画像:住宅用開催警報器の取り付け位置

作動点検のポイント

  • 画像:家族みんなで作動点検住宅用火災警報器にある「引きひもをひく」あるいは「ボタンを押す」ことで、警報音がきちんと鳴るかどうか、確認しておきましょう。

  • 点検は、「お手入れを行った後」など、定期的に確認する時期を決めておくと便利です。最低限1年に1回は点検を行ってください。
  • 点検の際は、実際の警報音がどんなものであるかを家族で確認しましょう。
  • 「設置後や電池を交換したとき」、「お手入れを行った後」、「長期間留守にして戻った後」などにも、きちんと作画像:ボタンを押して点検するタイプ動するかチェックしておくと安心です。
  • 作動点検時に音が鳴らないときは、電池切れや故障している場合が考えられます。

住宅用火災警報器の交換時期の確認

  • 画像:住宅用火災警報器の交換時期住宅用火災警報器本体は10年を目安に交換が必要です。交換時期はブザーや音声などでお知らせします。

  • 点検や電池交換の際に、本体の交換時期を確認し、計画的な交換をお奨めします。
  • 種類によって異なりますが、住宅用火災警報器の交換時期はおおむね10年です。(5年のものもあります。)
  • 住宅用火災警報器には、交換時期の目安となるよう設置年月日を記入するシールを貼ってあるものや音で交換時期を知らせるものがあるので、詳しくは機器の取扱説明書で確認しておきましょう。


資料協力:(一財)日本防火・防炎協会 

あなたのおうちの設置個数をチェックしよう!

 次のファイルをダウンロードして、あなたの家には火災警報器が何個必要かチェックしましょう。

タイトル ファイル名 コメント
住宅用火災警報器 あなたの家には何個必要?(Excel版) jukeiki_check.xlsx [18KB xlsxファイル] A4判 1ページ
住宅用火災警報器 あなたの家には何個必要?(PDF版) jukeiki_check.pdf [39KB pdfファイル] A4判 1ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク