中間報告の概要

 市の学校教育環境検討委員会は、2006年3月に教育委員会からの諮問(しもん)を受け、会議を10回開き検討してきました。
 検討委員会では、学校関係者や保護者から意見を求め、教育の質を維持向上させるため、学校や幼稚園の適正な規模や配置などはどうあるべきかを協議しました。その後、パブリックコメントを経て、教育環境の整備などを加味し、2007年4月に、『案』のとれた中間報告を公表しました。

※教育委員会から受けた諮問
 「市立小・中学校の適正規模、適正配置に関する基本的な考え方と適正化に向けた具体的方策」
 「市立幼稚園の保育年数と適正規模、適正配置について」

中間報告の内容

次のファイルを、ダウンロードしてご確認ください。

分割してダウンロード

タイトル ファイル名 コメント
中間報告(本文) tyuukanhoukoku_01.pdf [238KB pdfファイル]  A4判 33ページ
中間報告(参考資料) tyuukanhoukoku_an_02.pdf [103KB pdfファイル]  A4判 36ページ

一括でダウンロード

タイトル ファイル名 コメント
中間報告(一括) tyuukanhoukoku_all.pdf [434KB pdfファイル]  A4判 69ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク