転校、転園するときの手続き

 市役所で転出・転居などの住所異動の手続きをされた後、在学している学校に転校の申し込みをすると転校に必要な書類が発行されます。

【転校に必要な書類】 在学証明書・教科書給与証明書
 また、住民異動の手続きをされた後、教育センターで転校に関係する届出をしてください。 

市外に転出する場合

 新しいお住まいの役場で転入の手続きをされた後、新しく指定された学校に在学証明書と教科書給与証明書を提出してください。 

市内に転入・転居する場合

 転入・転居の届け出をされた後、新しく指定された学校に在学証明書と教科書給与証明書を提出してください。 

就学指定校の変更

 栗原市教育委員会では、住所地により通学区域を定め、お子さんが就学すべき学校を指定しています。ただし、特別な事情があり指定された学校への就学が困難な場合には、保護者の申し立てにより就学指定校を変更できます。 

就学校指定変更許可事由

  1. 心身の障がいや疾病、長期入院等により、指定された学校への就学が困難と認められる場合
  2. 特別支援学級への入級等、教育上特別な支援が必要と認められる場合
  3. 保護者の勤務等により、児童の帰宅後保護監督するものがいないため、親族等が児童を預かっている場合で、かつ自宅へ帰宅する際の安全が確保されている場合
  4. 兄弟姉妹が指定された学校の変更を許可されているため、同一学校への就学を希望する場合
  5. 転居(一時転居を含む)することが確定していて、従前の指定された学校への就学を希望する場合
  6. 家庭の特別な事情により、指定された学校への就学に支障があると認められる場合
  7. 希望する学校が指定された学校より近い場合で、通学する際の安全が確保されている場合
  8. いじめ、不登校等学校生活の状況から、指定された学校への就学が困難と認められる場合
  9. 上記(1)から(8)のほか、特別な事由により、教育委員会が教育的配慮を要すると認める場合

就学校指定変更の手続き

 保護者が「就学校指定変更申立書」に必要事項を記入し、栗原市教育委員会へ申請してください。申請の際は、変更理由を証明する書類などが必要になる場合もあるため、詳しくは学校教育課へお問い合わせください。 

就学校指定変更の許可

 保護者の申し立てに対し、申し立て理由や希望する学校の状況などを総合的に判断して、指定変更を許可します。変更が許可された場合は、「就学校指定変更通知書」を送付します。  

栗原市内の幼稚園、小学校、中学校

栗原市の幼稚園の情報は、「幼稚園」のページをご確認ください。
 幼稚園のページに移動する

栗原市の小学校と中学校の情報は、「小学校・中学校」のページをご確認ください。
 小学校・中学校のページに移動する