長期優良住宅を新築した場合に固定資産税を減額

 2009年(平成21年)6月4日〔長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行の日〕から2018年(平成30年)3月31日までの間に、次の要件を満たす認定長期優良住宅を新築した場合、家屋にかかる固定資産税が減額されます。

対象となる住宅の要件

  • 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の規定に基づき、認定された住宅であること (長期優良住宅認定通知書のある住宅)
  • 平成21年6月4日から平成30年3月31日までの間に、新築された住宅であること
  • 1戸あたりの居住部分の床面積が、50平方メートル以上280平方メートル以下であること(1戸建以外の貸家住宅は40平方メートル以上280平方メートル以下、併用住宅は、居住面積が全体の床面積の2分の1以上)

注意 すべてを満たすことが必要です

減額内容

 1戸あたりの居住部分の床面積120平方メートル相当分までを限度として、当該家屋の固定資産税額の2分の1

減額の期間

  1. 一般の住宅( 2 以外の住宅) 新築後5年間
  2. 3階建以上の中高層耐火住宅等 新築後7年間

注意 新築住宅の減額措置等その他の減額と重複して受けることはできません。

申告方法

 新築家屋の現地確認時に申請の手続きを行っていただきます。

必要書類

  • 長期優良住宅認定通知書の写し(長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行規則(平成21年国土交通省令第3号)第6条、第9条又は第13条に規定するもの
  • 長期優良住宅申告書
タイトル ファイル名 コメント
長期優良住宅申告書 chyouki_yuuryou_h28.pdf [73KB pdfファイル] A4判 1ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク