栗原市特定間伐等促進計画

 森林は、国土の保全、水源のかん養などのほか、二酸化炭素の吸収源として重要な役割を果たしています。
 しかしながら、近年、間伐などの手入れが不足する森林が増えるなど、森林の機能の低下が危ぶまれています。
 将来の森林づくり、地球温暖化の防止に向け、地域にとってかけがえのない森林を健全に育てることが必要となってきています。
 このような中、京都議定書の第二約束期間の終期である平成32年度までの集中的な間伐などの実施の促進を図るため、「森林の間伐等の促進に関する特別措置法」が2013年(平成25年)5月31日に改正・施行されました。
 栗原市では、この法律および宮城県が定める基本方針に基づき、「栗原市特定間伐等促進計画」を定め、地域の森林整備を促進し、地域温暖化防止に向けた森林吸収源の確保を図ります。

 策定した計画詳細については、次のファイルをご確認ください。

タイトル ファイル名 コメント
栗原市特定間伐等促進計画 20170601-180719.pdf [232KB pdfファイル] A4判
17ページ
栗原市特定間伐等促進計画(位置図) 20170601-180828.pdf [23782KB pdfファイル] A4判
46ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク