毎年1月26日は文化財防火デーです

画像:文化財防火デーポスター

 1949年(昭和24年)1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県)の金堂から出火した火災によって、世界的至宝と言われた金堂の壁十二面に描かれた仏画の大半が焼損しました。
 文化財建造物の多くは木造であり、美術工芸品も木、紙、布等燃えやすい材質により造られているものが多く、火災が発生すると、貴重な財産が一瞬にして失われてしまう可能性があります。
 このような被害から文化財を守るため、1955年(昭和30年)から、消防庁と文化庁の協同により、法隆寺の金堂が焼失した日である1月26日を「文化財防火デー」と定めて、文化財建造物等における防火運動が全国で展開されています。
 文化財防火デーを契機に、文化財の防火について関心を高め、みんなで文化財を火災から守りましょう。