納めすぎた所得税の還付申告は、毎年1月から行うことができます。
 「医療費をたくさん支払った」、「農業所得が赤字になった」、「住宅ローンを組んだ」などで所得税の還付金が発生する方は手続きをしてください。
 なお、所得税の還付申告書を税務署に提出した方は、市への申告手続きが不要となります。

 ※2月15日以前は、築館税務署に申告書作成会場が設置されていません。少ない職員での対応となり、長時間お待ちいただく場合がございますので、郵送等による還付申告書の提出にご協力をお願いします。

所得税還付申告書の作成方法

 国税庁ホームページの「確定申告書作成コーナー」で、画面の案内にしたがって入力し、印刷すれば、そのまま税務署に提出することができます。また、作成途中でもデータの保存ができるので、後で続きを再入力することができるほか、前年に自分が入力した内容を参照することもできます。

 ※2016年(平成28年)中の所得にかかる「確定申告書作成コーナー」は、申告書の様式変更に伴い、1月から国税庁ホームページに掲載されています。
 ※農業所得等の収支内訳書については、様式の変更はありませんので、国税庁ホームページの「確定申告書作成コーナー」から作成することができます。

 ※手書きでの提出を希望する場合は、1月10日から各総合支所および税務課に所得税申告書等を用意しますので活用願います。

所得税還付申告書の提出方法

  1. 「e-Tax」によるインターネットでの提出
  2. 税務署へ郵送で提出
  3. 税務署の窓口で提出

 1~3のいずれも、1月から提出することができます。

2016年(平成28年)分から所得税申告書に本人確認書類の添付が義務付けられます

  1. 「個人番号カード(マイナンバーカード)の写し」 (カードの両面の写し)
  2. 「個人番号通知カードの写し又は住民票の写し(マイナンバーの記載があるものに限ります)」に加えて、

  「運転免許証又はパスポート又は公的医療保険の被保険者証又は身体障害者手帳又は在留カードなどのうちいずれか1つの写し

1~2のいずれかを添付してください。その他、源泉徴収票などの必要書類の添付を必ずお願いします。

所得税還付申告書の提出先

 築館税務署 〒987-2292 栗原市築館薬師二丁目2番1号 築館合同庁舎