障害者手帳の種類

 手帳の交付を受けるには、申請が必要です。

  • 身体障害者手帳
    身体に障害がある人に交付します。障害の程度で1級から6級の区分があります。
  • 療育手帳
    知的障害のある人に交付します。障害の程度でA、Bの区分があります。
  • 精神障害者保健福祉手帳
    精神に障害がある人に交付します。障害の程度で1級から3級の区分があります。

第4期障害福祉計画

 次のファイルをダウンロードして、ご確認ください。

タイトル ファイル名 コメント
栗原市障害福祉計画 shougaifukushi_keikaku_4ki.pdf [4170KB pdfファイル] A4判 82ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

栗原市における障害者就労施設等からの物品等の調達について

障害者就労施設等からの物品等の調達方針の策定について

 「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律」(平成24年法律第50号)が2013年(平成25年)4月1日から施行されております。
 この法律により、地方公共団体等は、障害者の自立及び社会参加を促進するとともに、障害者就労施設等の受注の機会の増大を図るため、毎年度、障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針を作成し、率先して物品・役務の調達に努めることとされており、平成28年度の調達方針を策定しましたので公表します。 

タイトル ファイル名 コメント
平成29年度栗原市における障害者就労施設等からの物品等の調達方針 20170529-171011.pdf [139KB pdfファイル]  A4判
2ページ

障害者就労施設等からの物品等の調達実績について

「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律」第9条第5項の規定に基づき、栗原市における調達実績を公表いたします。

タイトル ファイル名 コメント
平成28年度栗原市における障害者就労施設等からの物品等の調達実績 20170529-171057.pdf [81KB pdfファイル]  A4判
1ページ
分類例 20170529-171119.pdf [135KB pdfファイル]  A4判
1ページ

医療費に関する支援

  • 自立支援医療(更生医療)
    18歳以上で身体障害者手帳をお持ちであり、一般医療ですでに治癒したと考えられる障がいに対して、日常生活能力などの回復や障がいの軽減除去を目的として手術するときなどに、医療費を給付します。給付を受けるには、一定の基準を満たす必要があります。
  • 自立支援医療(精神通院)
    精神障がいの方の通院に対し、指定された医療機関や薬局での自己負担分の一部を公費で負担します。
  • 自立支援医療(育成医療)
    身体に障がいのある18歳未満の児童で、確実な治療効果が期待できる場合に、その除去もしくは軽減を図るために必要な医療の支給を行います。
  • 心身障害者(児)医療費助成
    下記の方々の医療費の自己負担分を助成します。
    • 特別児童扶養手当1級に該当する人
    • 療養手帳Aを所持の人、療育手帳Bを所持の人のうち、職親に委託している人
    • 身体障害者手帳1、2級の人、3級の内部障がいの人

地域生活支援

  • 成年後見制度利用支援
    精神上の障がいによって判断能力が十分でない方に対して、適切な援助者を選び、財産管理や福祉サービスの利用などの場面で本人を保護し支援します。
  • コミュニケーション支援
    言語により意思の疎通が図ることに支障がある障がいをお持ちの方に対し、円滑な意思疎通のために手話通訳等を派遣します。
  • 移動支援
    屋外での移動が困難な障がいをお持ちの方に対し、社会参加や社会生活上不可欠な外出のための支援を行います。
  • 障害者福祉タクシー利用助成
    【対象者】
    • 市民税非課税世帯であり、次のいずれかに当てはまる方。
      • 身体障害者手帳1級、2級
      • 療育手帳A
      • 精神障害者保健福祉手帳1級、2級
    • 慢性腎不全のため、定期的に慢性透析療法を受けており、次のいずれにも該当する方
      • 家族等による継続的な送迎が困難
      • 日常生活において車いすの使用を常態としており、公共交通機関を利用した通院が困難

ただし、高齢者福祉タクシーや障害者外出支援サービスを利用している方は対象になりません。

【助成の内容】
1ヵ月に4枚のタクシー券を交付します(慢性透析療法者は28枚)。
このタクシー券は、小型タクシーの基本料金に相当します。
基本料金を越えた場合は、自己負担になります

  • 筋萎縮性側索硬化症介護タクシー
    筋萎縮性側索硬化症のため外出が難しい方に対し、介護タクシーの利用券を交付します。
  • 障害者外出支援サービス
    慢性腎不全により定期的に透析療法を受けており、公共交通機関の利用が困難の方に対し、通院の支援をします。
  • 日常生活用具給付等
    障がい者の日常生活を支援するために、日常生活用具を給付または貸与します。
  • 訪問入浴サービス
    身体障害者手帳をお持ちで、自宅での入浴が困難な寝たきりの方に対し、入浴の支援を行います。
  • 日中一時支援
    日中に面倒を見てくれる人がいないため、一時的に見守りが必要であると考えられる方に対し、活動の場を提供します。
  • 身体障害者用自動車改造費助成
    上肢、下肢または体幹機能の重度の障がいをお持ちの方が運転のために行う自動車改造にかかる費用の一部を助成します。
  • 自動車運転免許取得費補助
    いずれかの障がいをお持ちの方が、運転免許の取得にかかった費用の一部を助成します。
    ※免許を取得した日から2か月以内に申請する必要があります
  • 地域活動支援センター
    回復途上にある障がい者等に対し、通所による作業指導や生活訓練を提供します。

経済的支援

  • 特別障害者手当
    精神または身体に著しく重度の障がいがあるため、常時特別な介護が必要な在宅の20歳以上の方に対し、3ヵ月ごとに手当を支給します。
  • 障害児福祉手当
    精神または身体に著しく重度の障がいがあるため、常時介護が必要な在宅の20歳未満の方に対し、3ヵ月ごとに手当を支給します。
  • 特別児童扶養手当
    精神または身体に障がいのある20歳未満の児童を在宅で養育している保護者の方に対し、4ヵ月ごとに手当を支給します。
  • 心身障害者扶養共済制度
    障がいのある方を扶養している保護者が、毎月一定額の掛金を納めることにより、保護者に万一のことがあったとき、障がいのある方に対し終身一定額の年金を支給します。

その他サービス

  • 介護給付費・訓練等給付費
    障がいのある人が自らサービスを選択し、事業者と契約してサービスを利用する事業です。
  • 補装具給付
    身体障害者手帳の交付を受けている人に補聴器、義肢、義足、車いすなどの補装具を交付します。また、補装具を修理します。
  • 在宅酸素療法者酸素濃縮器利用助成
    身体障害者手帳の呼吸機能障がい1級から3級の人へ、宮城県在宅酸素療法者酸素濃縮器利用助成事業基準額に基づいて助成します。
  • 身体障害者相談員
    身体に障がいのある人と、そのご家族からのご相談をお受けします。
  • 障害者相談支援事業所
    障がいのある方やその家族の方々の様々な相談に応じ、地域生活の支援を行います。

栗原市地域自立支援協議会

 自立支援協議会では、「障害の程度や状態にかかわらず、その人らしさを発揮し、意義のある生活が送れるような共生社会“あったかい栗原”」を目指して、相談支援事業所、障害者団体代表者、医療・保健関係者などが集まり、代表者レベル、現場レベル、専門部会での定期的な協議を行っています。

平成29年度活動内容

自立支援協議会(全体会)
  • 2017年6月14日(水曜日)第1回栗原市地域自立支援協議会を市消防本部3階大会議室で開催しました。
運営会義
  • 第5期障害福祉計画について
    第4期障害福祉計画の検証を行い、障害者が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを進めていくための計画策定に向けて協力していきます。
  • 研修会について
    テーマは「地域生活支援拠点等事業に関すること」と「障害現場の従事者のための研修」の開催を予定しています。
  • 広報紙「じりつしえん通信」の発行
    「自立支援協議会って何?」「どんなことをしているの?」の疑問にお答えします。
    年3回発行予定です。

 次のファイルから「じりつしえん通信」をダウンロードできます。

タイトル ファイル名 コメント
じりつしえん通信 第6号
(平成29年8月発行)
jiritushientuushin_06_20170801.pdf [500KB pdfファイル] A4判
2ページ
じりつしえん通信 第5号
(平成29年4月発行)
jiritushientuushin_05_20170421.pdf [522KB pdfファイル] A4判
2ページ
じりつしえん通信 第4号
(平成29年1月発行)
jiritushientuushin_04_20170130.pdf [466KB pdfファイル] A4判
2ページ
じりつしえん通信 第3号
(平成28年8月発行)
jiritushientuushin_03_20160805.pdf [473KB pdfファイル] A4判
2ページ
じりつしえん通信 第2号
(平成28年1月発行)
jiritushientuushin_02_20160115.pdf [919KB pdfファイル] A4判
2ページ
じりつしえん通信 第1号
(平成27年10月発行)
jiritushientuushin_01_20151015.pdf [804KB pdfファイル] A4判
2ページ
専門部会
  • 相談支援部会
    相談支援員のスキルアップのために情報交換や事例検討会を行っていきます
平成28年度栗原市障がい者就労セミナー

 障がいのある方も就労できることや、さまざまな就労支援の情報を発信するため、2016年10月27日(木曜日)に志波姫この花さくや姫プラザでセミナーを開催しました。当事者や家族、企業、支援機関、地域住民の方々など約180名の参加があり、参加した方からは「大変勉強になりました。今日学んだことを今後に生かしていきたい」などのお声をいただきました。

  • 基調講演では、「発達障害とは?」をテーマに、特定非営利活動法人自閉症ピアリンクセンターここねっとの黒澤センター長より、発達障害の特性や周囲の関わり方、まとめとして「発達障害は理解されにくい少数派。発達障害を取り巻く現状を理解し、彼ら独自の理解の仕方や考え方を理解する。かかわりの基本は無理をせず本人のペースを大事にし、周囲の環境を整えることが重要である」などのお話をいただきました。

写真:基調講演の様子

  • シンポジウムでは、「働き続けられる喜び~それは皆んなの喜び」をテーマに、3名(当事者・企業・支援機関)のシンポジストの方々より発表いただきました。当事者の方からは、自身のこれまでの体験の振り返りや、「今の職場で一生働き続けられるように頑張りたい」と今後の意気込みなどについて発表がありました。企業の方からは、経営されている会社の紹介や、障がいのある方の職場定着には「顔の見えるネットワークと支援会議。信頼関係のある相談体制とコミュニケーション。企業・働く現場に障害特性や配慮事項を正しく伝達し周囲から正しい理解と協力を得ること」が必要であるなどの発表がありました。支援機関の方からは、事業所の紹介や実際に就労されている方々の仕事の様子、働き続けるためには「働きたいという気持ち・意欲の持続。健康管理(生活リズム・体力)。仕事が合っている(仕事内容・環境)。職場のルール・マナー。職場の理解。家族のサポート」が重要であるなどの発表がありました。

写真:シンポジウムの様子

  • そのほか、市内の障害者支援事業所等によるステージ発表や、事業所等で製作・栽培された製品や野菜などの展示販売、金成支援学校の生徒の皆さんが製作した作品等の展示などを行いました。

ご存じですか? 「ヘルプカード」

ヘルプカードとは

 ヘルプカードは、「手助けが必要な人」と「手助けをする人」を結ぶカードです。
 援助を必要とする障害のある人が災害時や発病等の緊急の時だけでなく、日常的にも手助けをお願いしやすくするものです。

様式

次のファイルからダウンロードできます。

タイトル ファイル名 コメント
リーフレット helpcard 20161019-191525.pdf [1868KB pdfファイル] A4判
両面
ひな型1 helpcard_1_20161026-184842.pdf [160KB pdfファイル] A4判
1ページ
ひな型2 helpcard_2_20161026-185006.pdf [276KB pdfファイル] A4判
1ページ

※ひな形について
 リーフレットにある記載項目が基本となります。障害等の特性に合わせて使用できるいろいろなパターのひな型を用意しています。
 様式ファイルの「ひな型1」「ひな型2」を印刷し、切り取ってカードに貼付して活用ください。

(注意)ヘルプカードは個人情報が書かれています。取り扱いには、十分注意願います。

問い合わせ先

各総合支所市民サービス課
 築館:22-1111 若柳:32-2121 栗駒:45-2111 高清水:58-2111 一迫:52-2111
 瀬峰:38-2111 鶯沢:55-2111 金成:42-1111 志波姫:25-3111 花山:56-2111