故障したとき・宅地内で漏水したとき

 すべてのじゃ口などを閉めて、パイロットが回っているかどうか確認してください。もし回っていれば、漏水が考えられますので、目に見える場所で水漏れがないか確認してください。それでも発見できない場合は、目に見えない場所や地下などで漏水しているものと思われますので、栗原市指定給水装置工事事業者に依頼し調査・修理してください。

 「水道工事の申し込みについて」ページ内、「市指定給水装置工事事業者の一覧」の項目へ移動する

 「漏水して水道料金が増えたとき」の項目へ移動する(ページ内リンク)

 宅内漏水を発見するには

画像:水道メーター【簡単な漏水チェック】

 水道を使用していない状態で、水道メーターのパイロットが回転していれば、水道メーターからじゃ口までのどこか家屋側で漏水している疑いがあります。定期的にチェックしてみましょう!

凍結を防ぐために

 水道管は、気温がマイナス4度前後になると凍結したり、破裂したりします。夜間や水道を使用しないときは、じゃ口と立ち上がり管を保温したり、水抜き栓で水を抜いたりして凍結を防ぎましょう。
 もしも水道管が凍結して手に負えない場合は、お近くの栗原市指定給水装置工事事業者に連絡してください。

 「栗原市指定給水装置工事事業者」のページへ移動する

漏水して水道料金が増えた場合

タイトル ファイル名 コメント
使用水量認定申請書 shiyosuiryonintei.doc [101KB docファイル] A4判 1ページ「水道使用者作成」
修繕工事完了報告書 syuuzenkanryou.xls [28KB xlsファイル] A4判 1ページ「修繕工事業者作成」
※ 請求書の写しと、工事写真(カラープリント可)が必要

 料金の水量認定には、条件があります。詳しくは、水道課へお問い合わせください。
 届け出が間に合わない時やご不明な点などは、ご連絡ください。

 下水道など排水処理設備をご利用の場合は、水道とともに開始などの届け出をお願いします。
 届出様式は、「排水設備工事の申請」のページ内の「排水設備工事書類関係(申請・完成届ほか)」にあります。
 「排水設備工事の申請」のページへ移動する

お願い

 道路から水が出ている場合や雨が降っていないのに水が流れている場所を見つけたときは、上下水道部水道課または各総合支所市民サービス課産業建設係(このページ上部の問い合わせ先)にご連絡ください。