給水装置について

給水装置の定義と管理の区分

給水装置とは

 公道などに埋められた水道管を配水管といい、そこから分かれて各家庭に水を配る水道管を給水管といいます。この給水管に直結するじゃ口などの給水用具をまとめて「給水装置」といいます。給水装置は、お客さまが工事費用を負担して設置したもので量水器を除きすべてが、お客さまの財産です。

維持管理について

 給水装置は、量水器を除きお客さまの財産ですので、維持管理についても基本的にはお客さまにしていただくことになります。
 ただし、配水管から分岐した個所から止水栓までの間で漏水があった場合は、市で修理します。

タイトル ファイル名 コメント
管理区分 kyusuisouti_kanrikubun.pdf [215KB pdfファイル] A4判 1ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク
給水装置工事とは

 給水装置は、水道水を使うための設備として水道水の汚染や漏水を防ぐために、構造や材質の基準が水道法に定められています。
 給水装置の工事は、栗原市指定給水装置工事事業者でなければ行うことができません。また、じゃ口のパッキン交換など軽微なものを除く、給水装置の漏水修理なども同様です。資格のない者が工事を行った場合,給水が受けられないこともあります。
 給水装置工事を発注するときは、指定工事業者であることを確認してください。なお、給水装置工事は、施工業者に支払う工事費のほか、内容によっては水道事業所に納入する加入金や、給水装置工事手数料が必要となります。

 「栗原市指定給水装置工事事業者」の項目へ移動する(ページ内リンク)

 「水道加入金」の項目へ移動する(ページ内リンク)

 「工事手数料」の項目へ移動する(ページ内リンク)

給水装置工事について

 給水装置の新設・改造・増設・撤去・漏水修理などの給水装置工事は、栗原市指定給水装置工事事業者でなければ行うことができません。給水装置工事を発注するときは、指定工事業者であることを確認してください。

 給水装置工事では、施工業者に支払う工事費のほか、内容によっては水道事業所に納入する加入金や、給水装置工事手数料が必要となります。

水道加入金

加入金とは、新規の水道利用者の方が現在の水道施設を利用するにあたって、水道施設の整備費等を負担していただいているものです。

メーターの口径 金額(税込み)
13ミリメートル 27,000円
20ミリメートル 54,000円
25ミリメートル 86,400円
30ミリメートル 129,600円
40ミリメートル 237,600円
50ミリメートル 864,000円
75ミリメートル 1,620,000円
100ミリメートル以上 市長が別に定める額

工事手数料

 給水工事の申込みがあると、申込みのあった工事に対して書類審査や現地での検査を行います。そのため、審査、検査に対して、手数料が必要となります。

種別 料金
設計審査手数料 3,000円
材料検査手数料 3,000円
工事検査手数料 4,000円

市指定給水装置工事事業者の一覧

 給水装置の新設・増設・修理などの工事、宅地内での蛇口・配管からの漏水の修繕などは、栗原市指定給水装置工事事業者へお申し込みください。

タイトル ファイル名 コメント
栗原市指定給水装置工事事業者 kyusiuisouti_zigyousha.pdf [329KB pdfファイル] A4判 5ページ
2017年8月1日 現在