保育料の算出

 市では、「子ども・子育て支援新制度」の施行に伴い、保育料を次のとおりとします。

保育料金表の一覧(月額)

3歳未満児
階層区分 世帯の課税状況 保育標準時間 保育短時間
第1階層 生活保護法による被保護世帯等 無料 無料
第2階層 第1階層、第4階層から第13階層を除き、前年度分の市町村民税非課税世帯 8,100円 8,000円
第3階層 第1階層、第4階層から第13階層を除き、前年度分の市町村民税均等割のみの課税世帯 12,800円 12,700円
第4階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が48,600円未満の世帯 17,500円 17,300円
第5階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が72,000円未満の世帯 21,000円 20,600円
第6の1階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が72,000円以上77,101円未満の世帯 24,000円 23,600円
第6の2階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が77,101円以上97,000円未満の世帯 24,000円 23,600円
第7階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が133,000円未満の世帯 29,000円 28,500円
第8階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が169,000円未満の世帯 35,600円 35,100円
第9階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が213,000円未満の世帯 37,900円 37,400円
第10階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が257,000円未満の世帯 40,200円 39,700円
第11階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が301,000円未満の世帯 42,700円 42,000円
第12階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が397,000円未満の世帯 56,000円 55,100円
第13階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が397,000円以上の世帯 72,800円 71,600円
3歳以上児
階層区分 世帯の課税状況 保育標準時間 保育短時間
第1階層 生活保護法による被保護世帯等 無料 無料
第2階層 第1階層、第4階層から第13階層を除き、前年度分の市町村民税非課税世帯 5,400円 5,300円
第3階層 第1階層、第4階層から第13階層を除き、前年度分の市町村民税均等割のみの課税世帯 10,100円 10,000円
第4階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が48,600円未満の世帯 14,800円 14,600円
第5階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が72,000円未満の世帯 18,800円 18,500円
第6の1階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が72,000円以上77,101円未満の世帯 21,600円 21,200円
第6の2階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が77,101円以上97,000円未満の世帯 21,600円 21,200円
第7階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が133,000円未満の世帯 25,000円 24,600円
第8階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が169,000円未満の世帯 29,000円 28,600円
第9階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が213,000円未満の世帯 31,900円 31,400円
第10階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が257,000円未満の世帯 34,800円 34,200円
第11階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が301,000円未満の世帯 37,700円 37,100円
第12階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が397,000円未満の世帯 46,200円 45,400円
第13階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が397,000円以上の世帯 60,600円 59,600円
  • 新制度では、毎年9月が保育料の切り替え時期になります。
    4月から8月までの保育料は、前年度の市町村民税額に基づき、9月から翌年3月までの保育料は当年度の市町村民税額に基づく保育料となります。
  • 保育が必要な時間により、保育標準時間(11時間)と保育短時間(8時間)の2つの区分に分けられます。 
  • 父母の収入額が103万円に達していない場合は、祖父または祖母の市町村民税額が合計されます。

保育料の減額【参考】

  1. 児童の属する世帯が次に該当する場合で、保育料の階層が特第2階層、特第3階層、特第4階層、特第5階層及び特第6の1階層の区分は、次のいずれかに該当する世帯に限り保育料が次の表のとおりになります。
    • 母子及び父子並びに寡婦福祉法に規定する配偶者のない女子で、現に児童を扶養している者の世帯およびこれに準ずる父子家庭の世帯
    • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、特別児童扶養手当の支給対象児、障害基礎年金等受給者のいずれかに該当する在宅障害児(者)を有する世帯
      【3歳児未満】
      階層区分 世帯の課税状況 保育標準時間 保育短時間
      特第2階層 第1階層、第4階層から第13階層を除き、前年度分の市町村民税が非課税の世帯 無料 無料
      特第3階層 第1階層、第4階層から第13階層を除き、前年度分の市町村民税均等割のみの課税世帯 5,900円 5,850円
      特第4階層 第1階層に該当する場合を除き、前年度分の市町村民税が48,600円未満の課税世帯

      8,100円

      8,000円
      特第5階層 第1階層に該当する場合を除き、前年度分の市町村民税が48,600円以上72,000円未満の課税世帯 8,100円 8,000円
      特第6の1階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が77,101円以上97,000円未満の世帯 8,100円 8,000円
      【3歳以上児】
      階層区分 世帯の課税状況 保育標準時間 保育短時間
      特第2階層 第1階層、第4階層から第13階層を除き、前年度分の市町村民税が非課税の世帯 無料 無料
      特第3階層 第1階層、第4階層から第13階層を除き、前年度分の市町村民税均等割のみの課税世帯 4,550円 4,500円
      特第4階層 第1階層に該当する場合を除き、前年度分の市町村民税が48,600円未満の課税世帯

      5,400円

      5,300円
      特第5階層 第1階層に該当する場合を除き、前年度分の市町村民税が48,600円以上72,000円未満の課税世帯 5,400円 5,300円
      特第6の1階層 第1階層を除き、前年度分の市町村民税所得割課税額が77,101円以上97,000円未満の世帯 5,400円 5,300円
  1. 同一世帯から同時に2人以上の児童が保育所、幼稚園または認定こども園等に入所している場合には、保育所の保育料は次のとおりになります。
    減額対象児童 保育料
    ア 年齢が最も高い児童 保育料徴収金額表の額
    イ アに次ぐ年齢の児童 保育料徴収金額表の半額
    ウ ア・イ以外の児童 無料
  1. 栗原市の独自軽減として、第2階層から第13階層までの世帯で、同一世帯から幼稚園又は認定こども園に通園している兄姉がおり、かつ、児童が保育所等に入所している場合は、2人目以降の入所児童の保育料が軽減(無料)になります。

問い合わせ先

栗原市市民生活部子育て支援課保育サービス係 電話22-2360